仕事、資料を最速で仕上げる秘訣。それは、「修正する前提で取り組む」だ。

今日みんなに伝えたいことは、資料(仕事)は修正する前提で仕上げよう!ってことだ。

イメージで言えば、60点くらいの出来でいい。

仕事を自分の中で完成させる前に、一度上司やクライアントに「こんな感じでどうですか?」と、資料を提出してしまうんだ。

そこで、「もう少しここを修正してほしい」「こうしてほしい」というフィードバックを受けるだろう。

それを受けて、資料を完成させるようにする。この仕事のスタイルをあたりまえにしよう。

なぜかって?

こうした仕事のスタイルをあたりまえにすると、「一発OK」を狙いにいくよりずっとラクに、早く、仕事を仕上げていくことができるようになるからさ。

広告


理由は、いくつかある。

一つは、仕事自体にとりかかりやすくなること

「100点の資料を仕上げよう!」と思うと、仕事自体に手が伸びなくなってしまう(ほら、わかるだろう?)。

仕事で何より大切なこと。それは、着手すること、とりかかることだ。

「60点の出来でいいから、とりあえず作ってしまおう」と思うことで、その仕事にとりかかる可能性はグッと高まる。

仕事がどんどんかたづいていくようになるってわけだ。

理由その2。

それは、ムダに仕事をしなくてよくなるってことだ。

100点(あるいは90点、80点でもいい)で仕事を提出するのは、リスクでしかない。

まず、仕事の方向が「明後日」を向いていたら、目も当てられない。

上司やクライアントからは「方向性が違う」と言われ、仕事は全部やり直しになってしまう。

それだけじゃない。

仕事では、上司やクライアントからしたら「ここまでのクオリティは求めてなかった」「それよりも、もっと早く提出してほしかった」と思われることもある(逆の立場に立つ時で、そう感じる時があるはずだ)。

60点で仕事を仕上げる習慣をもっていれば、何より早く仕事を提出できる。

これで「もっと早く提出してほしかった」はクリアだ。

そして何より、上司やクライアントが求めている仕事のクオリティ(質)がわかるのが大きい。

その仕事で求められている仕事のクオリティは70点なのか。80点なのか。あるいはそれ以上なのか。

一度60点で提出し、フィードバックをもらうことで、先方が求めてる仕事のクオリティが明らかになるんだ。

そうそう。運がよければ、60点の仕事でも「これでOK」と言われることすらある。

いずれにせよ、上司やクライアントに満足してもらえる仕事のやり方として、とても理にかなってるってわけだ。

他にもいくつか理由はある。でも、話がややこしくなるのでこの辺でやめておこう。

とにかく、仕事は修正する前提で、60点(あるいはそれ以下の点数)の完成度で一度提出してしまう習慣をもつこと。

上司やクライアントから何か言われるのが怖いなら、「とりあえず、ザッと作ってみたのでご意見ください」と一言添えれば全然大丈夫だ。

約束しよう。たったこれだけを意識するだけで、びっくりするくらい仕事をかたづけられるようになる。

ということで、参考にしてほしい!!!

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

1982年東京生まれ。
慶應義塾大学卒業後、内資トップの大手金融機関に勤務。長時間労働に悩んだことをきっかけに独学でタスク管理を習得、2016年には「残業ゼロ」の働き方を達成。

その体験を出版した「気持ちが楽になる働き方 33歳大企業サラリーマン、長時間労働をやめる。(金風舎)」はAmazon1位2部門を獲得。

2018年には順天堂大学で時間管理をテーマに講演を行うなど、講演やセミナー活動を中心に個人事業主としても活動している。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告