仕事のスピードが簡単に上がる仕事の進め方。それは「とにかく早く他人からフィードバックを得る」を習慣化すること–「残業ゼロ」の仕事術

仕事のスピードを上げたい。

そう願うなら。

とにかく早く、他人からフィードバックを得るようにする。

これを徹底することが大切になる。

たとえば、「ある企画を社内の会議で通す」という仕事があるとしよう。

仕事が早い人は、とりあえずサッと構成などを箇条書きで簡単にまとめて、会議の関係者に「一度見せてしまう」という仕事の進め方をする。

そうして他人からのフィードバックを、「早くもらう」。

このことを強く意識している。

彼らは「もっと(アイデアを)深掘りしてこい!」と言われることを恐れない。

彼らには、「魔法のフレーズ」がある。

それは、「とりあえず作ってみました」というものだ。

広告

「とりあえず」という言葉の絶大な威力

彼らは、こんな感じのトークを多用する。

「とりあえずザッと作ってみました。どうでしょうか。ご意見ある方は、いただけますと嬉しいです」

そう。「とりあえず」と言っておけば、「深掘りしてこい」と他人から言われることもない。

そして、他人から早く意見というフィードバックをもらうことができる。

仕事が早い人は、こうして得たフィードバックをもとに、正式な案をまとめるという仕事の進め方をする。

こうして早く他人からフィードバックをもらう仕事の進め方のメリットは、「思考プロセスをすっ飛ばせる」ことにある。

「思考プロセスをすっ飛ばせる」とはどういうことか。

説明していこう。

「最短ルート」で企画を通す方法

「思考プロセスをすっ飛ばす」とは、簡単に言えば「できるだけ一人で考える時間を短くする」ということだ。

たとえば、先程の「企画を通す」という仕事を考えた場合。

一番大切になるのは、会議に参加する人達の考え方、意見を知ることになる。

なぜなら、会議で企画を通すためには。会議の参加者の同意を得なければならない。

では、どうしたら最も早く参加者の同意を得ることができるのか。

それは、他人からのフィードバックをもらい、それをもとに、企画を作り上げることだ。

当たり前のことだが、会議の参加者の意見をふまえて企画を作れば、企画はグッと通りやすくなる。

つまり、「会議で通る企画を作る」という観点で言えば。

一生懸命ひとりでウンウン考える時間は、極端に言えばムダな時間とも言える。

そう。会議に参加する人達の意見、すなわち「答え」を先に聞いてしまえばいいのだ。

「答え」を聞いてしまい、企画を作る。

それが最短ルートで「会議で通る企画」を作る秘訣ということになる。

「仕事が終わらない」と悩む人の特徴

「仕事が終わらない」と悩む人は、真逆の仕事の進め方をする。

企画を考える際、自分一人でウンウン一生懸命考えてしまうのだ。

自分一人で、「文句を言われない企画」を作ろうとする。

そして、大抵は返り討ちにあう。

一生懸命考えた企画を会議で発表し、参加者から色んなツッコミをくらい、あらためて企画を検討し直すという事態となる。

とても残念なことだが、「企画を会議で通す」という観点では。

自分ひとりの視点で「優れてる」と思った企画を発表しても、残念だが会議の参加者の同意が得られなければ、その企画は通らないのだ。

そして企画が通らなければ、一生懸命考えた時間はムダになってしまう。

だからこそ、「会議で企画を通す」という観点で言えば。

できるだけ早く他人からのフィードバックを得ることが大切になるというわけだ。

まとめ

一人で考える「思考プロセス」を短くして、早く他人からのフィードバッグを得てしまう。

そうすることで、「どうすればこの企画を通せるのか」という答えが、自分一人でウンウン考えるよりずっと早く見つかる。

この「他人から早くフィードバックをもらう」という仕事のやり方は、会議で企画を通す時に限った話ではない。

たとえば、上司から決済をもらう時も同じだ。

上司にまず意見を聞いてしまい、それからレポートを仕上げる。

クライアントに提案する時も同じ。

先にクライアントの意見を聞き、それから提案を仕上げる。

仕事は早く仕上げる原則は全て同じなのだ。

「思考プロセスの時間をすっ飛ばす」ことにある。

他人からできるだけ早くフィードバックをもらって、仕事を進める。

ぜひ今日から実践してみてほしい。

ということで、参考にしてほしい!!!

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

内資トップの大手金融機関で長時間労働から「残業ゼロ」へ変わった現役会社員。出版後、会社員として働きながら、2018年の順天堂大学での講義をはじめ、年間30回以上セミナーを開催する個人事業主としても活動中。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告