「人に仕事をお願いするのは迷惑」は勘違い–罪悪感を感じずに会社の同僚に仕事をお願いする3つのコツ

あなたが人に仕事をお願い時に罪悪感を感じるのは、人に仕事をお願いすることが「迷惑」だと考えているからだ。

そう。その考え方はまちがっている。

理由は簡単だ。世の中には、仕事をお願いされたら喜ぶ人もいる。

なぜなら、人はそもそも「他人の役に立ちたい」と思うものだからだ。

たとえば他人から道を聞かれたとする。

自分が知っている道を聞かれて答えた時、相手がとても喜んでくれたらあなたも嬉しくなるのではないだろうか。

この時、あなたは「この人は迷惑な人だな」と考えないはずだ。

このように、人に何かをお願いすること自体が問題なのではない。

問題なのは、お願いの仕方なのだ。

今日は僕自身が同僚に仕事をお願いする罪悪感を乗り越えた経験から,その具体的な3つのテクニックをあなたにお伝えしよう。

さぁ、今日も早速いっていみよう!!!

広告

 「仕事をお願いする=迷惑をかける」ではない

人に仕事をお願いすることは、はたして本当に迷惑なのだろうか。

たしかに忙しい中、めちゃくちゃ時間がかかるめんどくさい作業をお願いされたら、さすがにイヤな気持ちになる。

しかし、あなたが他人からお願いされたことが、あなたにとって簡単に処理できる仕事だったらどうだろう。

そしてそれをやることで、他人がものすごく喜んでくれたら。そんなにイヤな気持ちはしないのではないだろうか。

それどころか、めちゃめちゃ感謝されたら、「嬉しい」とすら思ってしまうかもしれない。

人は本来、他人の役に立ちたいと思う生き物だ。

だからこそ、自分が得意なこと、好きなことで他人の役にたてる機会があれば、喜んでそれを引き受けることもある。

たとえば、僕自身は時間管理が得意だ。

同僚から時間管理についての勉強会を開いて欲しいと言われれば、たとえ忙しい中でも喜んでその仕事を引き受けるだろう。

その一方、自分があまり好きではない事務作業をお願いされたら、たとえ多少時間に余裕があっても、断るだろう。

少し別の観点だが、同僚から「○○さん、忙しいところ申し訳ないのですが、力を貸してもらえませんか?」と仕事をお願いされたら、その人から頼りにされているように感じて、嬉しく感じることもあるのではないだろうか。

もしあなたが好意を抱いている相手から頼りにされていると感じたら、なおさらやる気になるのではないだろうか。

ここまで書いてきた通り、「仕事をお願いする=迷惑をかける」とはかぎらないのだ。

大切なのは、相手に気持ちよく仕事を引き受けてもらうことにある。

その具体的な方法を説明していこう。

その仕事が得意、好きそうな人にお願いする

人を選ぶ。人に仕事をお願いするときは、とても重要なことだ。

あなたがお願いする仕事を「おちゃのこさいさい」でかたづけられる人に仕事をお願いしよう。

そうすれば、迷惑に思われるどころか、むしろ感謝されることさえあるだろう。

大切なのは、仕事を引き受けてもらったときに思いっきり感謝すること。

そうすることが相手への一番のお返しになる。

「力を貸してほしい」という気持ちを伝える

「力を貸してほしい」「助けてほしい」という気持ちを素直に伝えよう。

そう伝えて、あからさまにイヤな顔をしてくる人は僕は見たことがない。

「助けてほしい」と言われたら、「力になってあげたい」と思うのが人間だ。

たとえば、「○○さんならすぐに解決できると思うので、ちょっと助けてもらいたいんですが、いいですか?」という感じで依頼してみよう。

どんな忙しい相手でも、「しかたないなぁ」という感じで力になってくれるだろう。

相手の機嫌がいい時をねらえ

仕事を頼むときは、自分の都合がいいときではなく、相手の機嫌がいい時を狙おう。

相手が走ってるときに、呼び止めてはいけない。露骨にイヤな顔をされるのがオチだ。

そうでなく、相手が休憩からデスクに戻ってきた時。忙しそうなオーラが出ていない時を狙おう。

相手が忙しそうな時は、「あとで少し相談したいことがあるのですが、何時頃お声かけしたらいいですか?」という感じで、相手が気持ちよく仕事を引き受けてくれる環境を作ることを意識しよう。

そうすれば、気持ちよく相手もあなたの依頼を受けてくれるはずだ。

まとめ

「人に仕事をお願いすることは迷惑」という誤解をまず捨てること。

これが、罪悪感を感じずに人に仕事をお願いする時に大切な「大前提」だ。

人に仕事をお願いすること自体が問題なのではなく、お願いの仕方に問題があるのだ。

もちろん、今日紹介したテクニックを駆使しても、時には断られることもあるだろう。

でも、それを自分の問題ととらえないこと。

相手は単にその時忙しかっただけかもしれない。あるいは、その仕事が好きでなかったのかもしれない。とにかく気にしないことだ。

今日紹介したテクニックを駆使して、とにかく経験を積んでいってほしい。

勇気をだして人に仕事をお願いして、大丈夫だった。むしろ、嬉しそうにやってくれた。

そんな経験、場数を踏んでいくことが仕事をお願いする自信を作っていくからだ。

そうそう。興味がある方は僕の体験を書いた拙著をぜひ読んでほしい。きっとあなたの役に立つ。

ということで、参考にしてほしい!!!

◾️今日のアクション

3つのテクニックを使って、仕事をお願いしてみよう!

「残業ゼロ」に一歩近くメルマガ、やってるよ!

平日毎朝、ブログに書かない話を中心に、毎日あなたにメールをお届け。

セミナー情報も随時お知らせします。

「役に立つ」ととても好評なので、ぜひ登録ください。もちろん、無料です!

登録は以下からどうぞ

セミナー情報

●5/29(金)19時〜21時
『現役会社員ブロガーがこっそり教える、スキマ時間超活用ブログ術』

●6/5(金)19時〜21時
会社で働く気持ちがグッと楽になる、「残業ゼロ」の座談会【オンライン】

● 6/17(水)19時〜21時
2時間でiPhoneが「秘書」になる、タスク管理入門講座

とってもお得に学べる「オンライン会員」募集中

毎月開催するオンラインセミナー、30本以上僕の過去のセミナー動画が見放題。しかも、いつでも僕に質問し放題という、とってもお得なサービス。

しかも、30日間は実質無料でお試し可能。

まずは試してみてほしい。きっとあなたの役に立つ。

個人セッションのご依頼

平日18時以降、都内で開催。

遠方にお住まいの方でも、オンラインで対応可。

詳細とお申し込みはこちらから。

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

無料メルマガ

滝川 徹のメルマガへの登録は以下からどうぞ

この記事を書いた人

滝川 徹

滝川 徹

東証一部上場の大手金融機関で長時間労働から「残業ゼロ」へ変わった現役会社員。出版後、年間30回以上セミナーを開催する個人事業主としても活動している。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告