仕事の実力をつけたいなら、まずは「報・連・相」をやめてみよう

「35歳に一流にビジネスパーソンになる」

そう決めていた20代後半の僕が、

仕事で意識してきたことがあります。

それは、「自分で決める」ということです。

特に自分が任された仕事に関しては、

よほどのことがない限りは

上司に相談することなく、

自分で様々なことを決めてきました。

広告


「報・連・相」という言葉がある日本、

特に大企業では、この仕事のスタイルは

あまり一般的でないようです。

僕が一人でパシパシ仕事を決めていく中、

当時の同僚は逐一上司に

「報・連・相」を

しているように見えました。

「報・連・相」は仕事のスピードを奪います。

また、仕事もつまらなくなる。

誰だって上司に言われた通り

仕事をしていたら、

おもしろくないでしょう。

にもかかわらず、

「報・連・相」が日本にはびこるのは、

なぜか。

それはシンプルに、

みんな失敗したくないからです。

そしてたしかに「報・連・相」をしないと、

若い頃は失敗します。

僕も若い頃はたくさん失敗しました。

たとえば若かりし頃の僕は、

チームの責任者を任されていました。

部下も数人もっていました。

部下から相談を受け、

責任者として、自分で意思決定します。

しかしその後、

上司から「それは間違っている」と指摘され、

部下に再度指示をするはめになる。

そういうことが、けっこうあったように思います。

部下からすると、

とても迷惑な話ですよね(苦笑)。

仕事を任せているのに、

口を出してきた当時の上司にも

思うところはあります。

ただ客観的にみても、

当時の僕は仕事の実力が

足りなかったとも思います。

だから上司もそうせざるを

えなかったのかも、しれません。

いずれにせよ、当時からそうして

たくさんの失敗をしてきたからこそ、

今の僕は仕事の「ツボ」がわかります。

どこまで自分で決めていいのか。

どこからは上司の意向を確認したほうがいいのか。

わかるようになったのです。

こうして仕事のツボがわかるようになると、

「報・連・相」をしてきた同僚とは、

仕事のスピードが圧倒的に違ってきます。

しかも自分で意思決定をして

仕事を進めているので、仕事もおもしろい。

だからこそ、僕はあなたに

「報・連・相」をやめてみてほしい。

そう提案します。

任せられた仕事は、自分で決めてください。

失敗も、してください。

たしかに短期的には、損かもしれません。

しかし数年後には、大きなリターンが返ってきます。

はじめは少しずつ、できるところからでOKです。

「自分で決める」

今日から是非、はじめてみてくださいね。

そうそう。

「残業ゼロ」を実践するために

どんなことを意識して仕事をしたらいいか。

知りたい方向けに、今度ワークショップやります。

くわしくはこちら↓の画像をクリック。

将来残業ゼロの働き方を目指すあなたに

オススメの講座です。

あなたと会えるのを、楽しみにしています。

今日はここまで。それでは、また!

□□ワークショップ情報□□

●6/27(水)19時〜21時

「気持ちが楽になる

「残業ゼロ」の仕事術入門講座」

くわしくはこちら↓の画像をクリック!

●残席3!

毎月の「継続型勉強会」

会員募集中。

6/29(金) 19時〜21時

「残業ゼロの達人が教える、

人生を楽しむ時間の作り方」

くわしくはこちら↓から

□□ □□

無料メルマガはじめました!

登録は以下からどうぞ

□□通勤で学べる教材も提供してます!□□

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の金融機関で「残業ゼロ」を2016年4月から実践しています。セミナー講師。「シゴタノ!」主宰のワークショップの非常勤講師も務めています。
詳しくはこちらをクリック