ふせんへメモというシンプルな習慣の効果

 おすすめの仕事術の一つ。
それは極めてシンプルだが、
思いついたことをすぐにメモをすることだ。
これは既に習慣化している人にとっては当たり前の話。
そのメリットを簡単に紹介したい。

何かを覚えておくと、その分脳のキャパシティが空く。

脳の専門家ではないので、詳しいロジックは書かないが
何かを覚えておくということはそれなりに脳のキャパシティを使う。
タスク管理でいえば、以前書いたように全ての仕事をToodledoなど脳の外に移すと、
かなりスッキリするのを実感するはず。
書くことで忘れることができるからだ。
そうすると何がいいのか。

目の前のことに集中できるようになる。

例えば今、目の前の仕事に没頭している。いい感じで集中してきた。
その時、上司から「8/17の15時から会議室使うので予約しておいてくれ」と突然声をかけられる。
さあ、どうする。
すぐに予約してもいい。
でも目の前の仕事がちょうどいい感じだ。
気分がだいぶクリエイティブな感じだ
今は目の前の仕事を終わらせたい・・。
task
という場合、「後で予約しよう」ということになる。
しかし、これを覚えようとしていると間違いなく目の前の仕事に集中できないはず(あるいは集中できたとしても、会議室の予約を忘れて上司から後で怒られるか)。
こういう時僕は引出しの中ににあるふせんに「8/17 15時の会議室予約」と書き、
机のある場所に貼るようにしている。
そうすることで、このタスクを一度忘れることができる。
そして目の前の仕事に集中して取り組む。
終わった段階でふせんを見て「ああ、そうだった」と会議室を予約することになる。

まとめ

引出しにあるふせんに何か覚えておく必要があることを全てメモをする。
たったこれだけだが、覚えておかなければならないことを脳の外に出すということは
目の前のことに没頭するための重要な手段だ。
もしその習慣がない人は、是非試してほしい。
一回でもやればその効果は実感できると思う。

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック