タスク管理の始めの一歩

タスク管理を始める時のはじめの一歩は「全ての仕事をツールに放りこむ」ことです。
タスク管理の基本は①全ての仕事を把握する、②その仕事を与えられた時間内でどのような順番と時間配分で進めるか考える だからです。
それでは始めましょう。

1.Toodledoに登録をし、使えるようになりましょう

Toodledoは無料のタスク管理ツールです(機能をUPさせると有料となりますが、基本は無料です)。
この時点では使い方を覚える必要はありません。
とりあえず、登録してアカウントだけ作ってください。

2.今やらなければならない仕事全てを把握しましょう

次に、今やらなければならない仕事をまず全て把握しましょう。
サラリーマンの皆さんは、会社でこの作業をやることになると思います。
紙に書き出しもいいし、手段は問いません。
私は自分の机の中にやらなければならない仕事をクリアフォルダに入れて全て机の中に放りこんでいましたので、机の中にあるクリアフォルダを全て机の上に出せばこの作業は終了しました。

3.「速Todo」を使って、どんどん仕事をToodledoに放りこんでいきます。

iPhoneアプリの「速todo」を使って、サクサクと全ての仕事をToodledoに放りこんでいってください(Toodledoの携帯アプリでもできますが、速Todoが一番簡単だと思います)。

これで全ての仕事がToodledoに入りました!

後はこの仕事を与えられている時間にどのように配分していくか。
これをツールを使って考えていくことになります。

まとめ

タスク管理に限った話ではないですが、何か新しい習慣を始める時は
少しずつやっていくことが重要です。一気にやろうとすると挫折します。
無理が生じないように、少しずつご紹介していきますのでご安心くださいね。

 

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック