嫌いな筋トレが毎日続く、とっておきの方法

やぁ、みんな!

人生100年時代と言われる昨今。健康でいることは末長くハッピーに生きるために必要不可欠だってことは、みんな言われなくてもわかってると思う。

なので、ここでは「いかに健康が大切か」って話はカットだ。

今日は健康でいるために地味に大切なこと。そう、「筋トレ」を続ける秘訣について話をしたいと思う。

なんで僕がそんな話をするのかって?

自慢じゃないけど、僕は筋トレ、トレーニングが昔からメチャメチャ嫌いなんだ。

だけど、今、週3〜4日ジムに通っていて、毎回筋トレに継続して取り組むことに成功している(ただ、正直に言うと、みんなが思ってるほどハードなトレーニングはしていない。理由は後述する)。

だから筋トレが嫌いな人向けに、筋トレを続ける秘訣について。ちょっとは語ったっていいんじゃないか。

そんな風に思ったというわけさ。

ということで、今日はどんなに運動やトレーニングが苦手な人でも、運動やトレーニングを続けていく僕なりの秘訣を伝えていきたいと思う。

広告

話は簡単だ

毎回行う筋トレメニュー、運動の内容をめちゃめちゃEasy(簡単)にしよう

たとえば毎日腹筋をしたいと思ったとする。

そしたら、いきなり毎日30回やろうとしないことだ。

まずは、毎日5回からはじめること。いいかい、たった5回だぞ。

これなら、毎日続けられそうだと思わないかい?

それでいいんだ!

何より大切なことは、続けることなんだ。

毎日30回でもいい。でも、それで1ヶ月後にやめてしまったら意味がない。

まずは、毎日5回からはじめる。そして、慣れてきたら10回、15回と、少しずつ増やしていけばいい。

早く腹筋を割りたい気持ちはわかるが、焦っちゃあ、ダメだ。

そして、安心してほしい。

大抵は5回以上腹筋をすることになる。

「5回やればいい」と決めても、「もう少し今日はやってみるか」と、10回くらいやることになるだろう。

でもくりかえすが、自分の中の目標は低くしておくこと

5回できたら、自分の中に「達成!」と思うようにしておこう。

そうすれば、10回できたら「めっちゃがんばった!」と思える。

この「達成できた」「自分は毎日できてる」って感覚こそが、大事なんだ。

その自分の中の熱が、継続、続けるエネルギーになる。

これが苦手な筋トレを続けるシンプルだけど、とっても有効な原則というわけさ。

理解を深めたい人は、以下の記事も読んでみてほしい。

そうそう、よかったら、どんな感想でもいい。Twitterでフィードバックをしてほしい。

「こんなテーマで書いてほしい」というリクエストも、いつでも大歓迎だ。

僕が見つけられるように、Twitterで@dream4luckと入れてツイートして、ツイートの終わりに#スタオバといれてほしい。

それではみんな、素敵な1日を!!!

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

1982年東京生まれ。
慶應義塾大学卒業後、内資トップの大手金融機関に勤務。長時間労働に悩んだことをきっかけに独学でタスク管理を習得、2016年には「残業ゼロ」の働き方を達成。

その体験を出版した「気持ちが楽になる働き方 33歳大企業サラリーマン、長時間労働をやめる。(金風舎)」はAmazon1位2部門を獲得。

2018年には順天堂大学で時間管理をテーマに講演を行うなど、講演やセミナー活動を中心に個人事業主としても活動している。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告