睡眠欲に負けずに朝早く起きる習慣を作るために意識したい2つのこと–疲れない生活習慣を作る方法

どうしたら朝早く起きる習慣を作ることができるのだろう。

平日朝早く起きて、出勤前に資格試験の勉強や、自分のやりたい事に時間を使いたい。

でも、つい睡眠欲に負けてしまって、起きることができない。

毎回「自分はなんて意志が弱いのだろう」と自責をしてしまう。

そんな悩みを抱えている人も多いと思う。

僕自身は今でこそ毎朝5時半に起きて、出勤前に本の原稿を書いたり、ブログの執筆をしたり、自分のやりたいことができているが、以前は同じ悩みを抱えていた。

当時は英語や簿記の資格試験の勉強に取り組んでいて、毎朝早く起きて勉強しようと思うのだが、かなりの頻度で睡眠欲に負けてしまっていた。

そんな僕が、朝早く起きる習慣を手に入れるために意識してきたことは、以下の2つだ。

  • とにかく早く寝て、7時間以上の睡眠を確保する
  • 定期的に休息を取る。1日の中に、「つめこみすぎない」

一言で言ってしまえば、朝早く起きられないのは意志の問題ではなく、単純に僕達が疲れているからだ。

なので、朝早く起きる習慣を作りたいなら、単純に疲れない生活習慣を作ればいいということになる。

今日はそのために意識したいことを2つに絞った。

順に説明していこう。

今日も早速いってみよう!!!

広告

早く寝て、7時間は寝る

とてもシンプルなことだが、早く起きたいならとにかく早く寝るようにすることだ。

睡眠時間を削って早起きしようと考えるのは、あまりにも無謀な考えだ。

僕自身は今基本的に毎日9時半にはベッドに入り、5時半に起きている。

そうすると8時間寝ることができ、快適に目覚めることができる。

8時間睡眠は少しハードルが高いと感じるかもしれない。なので、まずは7時間睡眠からトライしてみてほしい。

僕は長時間労働で悩んでいた頃から、睡眠時間だけは「7時間とろう」と決めていた。

理由は単純で、慢性的な睡眠不足は健康を大きく損なうからだ。早死にする。

そして、睡眠時間が足りないと、仕事の生産性も落ちる。

長時間労働に悩んでいるのに生産性を自ら落としてしまうのは、賢いとは言えない。

それに、睡眠時間を削って何かをしようという発想では、何日か早く起きることはできるかもしれないが、習慣化することはできない。

夜更かして、いろんなことをしたい気持ちはわかる。

しかし、朝早く起きる習慣を作りたいのであれば、とにかく早く寝て、7時間寝ること。

これは最低条件と考えておくことが大切だ。

定期的に休息を取る

夜早く寝て7時間寝ても、「起きられない」ということもある。

そんな時は、単純に「疲れている」という可能性が高い。

原因として考えられるのは、1日の中でやることを「つめこみすぎている」ことだ。

たとえば、スキマ時間に常に何かしようとしていないだろうか。

昔の僕は、とにかくスキマ時間を見つけては、スマホで読書したり、ニュースチェックをしたりしていた。

こうして常に何かをしていると、「ゆっくりコーヒーを飲みたい」と思うようになる。

これは身体が「ボーッとする時間を求めている」つまり、休息が必要なサインなのだが、当時はそのことに気がつかなかった。

こうしたサインに気がつかず、常に何かをし続けていると、身体にどんどん疲れが溜まっていく。

そうすると、単純に7時間では睡眠時間が足りないということになってしまうのだ。

この対策として大切なのは、定期的にボーっとする時間や休憩を意識的に作ること。

電車の中では、スマホを見ないで、外の景色を眺めるようにしよう。

90分に1回、休憩を取るようにしよう。

そうすることで、この「疲れすぎる問題」は解決することができる。

7時間寝ることができれば、スッキリと朝早く起きることができるようになる。

まとめ

簡単にまとめてしまうと、朝早く起きられない理由は単純に「疲れてる」からだ。

やることは極めてシンプル。

早く寝て、7時間以上寝る。

そして、普段からつめこみすぎたライフスタイルをおくらない。がんばりすぎない。

こうした意識をすれば、少しずつ朝早く起きる習慣はできていく。

ということで参考にしてほしい!!!

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

内資トップの大手金融機関で長時間労働から「残業ゼロ」へ変わった現役会社員。出版後、会社員として働きながら、2018年の順天堂大学での講義をはじめ、年間30回以上セミナーを開催する個人事業主としても活動中。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告