時間がないワーキングマザーの悩みは「時短」より、「第三の選択肢」を選ぶことでずっと楽に解決する

仕事が忙しくて、家に帰っても「思うように家事に時間をかけられない」と悩む女性は多い。

たとえば、夕食を作らないといけないのに、仕事で疲れていて気力がわかない。

いざきちんと作ろうとすると、睡眠時間が減ってしまい、つらい。

あるいは、小さい子供がいて、部屋がいつも散らかっている。

「かたづけたい」と思っているけど、子供はどんどんちらかしていくし、部屋をきれいにするための十分な時間が取れないと感じる。

こうした悩みを抱える女性は真面目で責任感が強く、こうした問題を「自分で全部なんとかしないといけない」と一人で抱えこんでしまう傾向が強い。

そんな彼女達を見ていると、問題を「時短技」で解決しようとする傾向にあるように感じる。

たとえば、夕食のケースでいえば、すぐにとりかかれるように朝のうちに下準備をしておくなど、工夫をする。

こうした工夫をすること自体はとてもいいことだと思う。

でも問題は、大抵の場合、こうした時短技では問題が解決しないことが多いことだ。

広告

時短技だけでは、「時間がない」問題は解決しない

理由は簡単で、単純にやらないといけないことが多すぎるのだ。

色々がんばって試行錯誤しても、根本的にやることが多すぎれば時短技では「時間がない」という問題は解決しない。

そしてもっとよくないのは、がんばってるのに問題がちっとも解決しないと「自分には能力がない」と自責してしまい、ストレスを感じるようになることだ。

こうした状態になると、時には「旦那が何もしない」と怒りを感じるようになる(耳が痛い、、)。

こうした女性に全力で提案したいのは、時短技で解決しようとすることではなく、もっと楽に解決する「第三の選択肢」を選ぶことだ。

「人にお願いする」という第三の選択肢

たとえば、旦那さんに夕食の準備、部屋のかたづけをお願いしてみる。

「いやいや、アイツ何もしないから」とはじめから賽を投げないでほしい。

いざお願いしたら、旦那さんも快く手伝ってくれるかもしれない。

ただ「手伝ってくれない」「気づいてくれない」と不満をもつだけでなく、「手伝ってほしい」とお願いしてみてほしい。

あるいは、たまにはお母さんを頼ってみてもいい。

休日に子供のめんどうを見てもらって、じっくり部屋をかたづけてもいい。

あるいは、ちょっと視点は違うが、夕食を作る代わりに弁当を買ってきてもいい。

時短でなんとかしようと考えるだけでなく、問題をもっと楽に解決する別の選択肢を選んでみる。

そうずくと、一生懸命工夫をしなくても、問題はずっと簡単に解決する。

まとめ

「自分でなんとかしよう」とする姿勢は大切だし、時短技で生活をよりよくすること自体はいいことだ。

でも、それで問題が解決しないようであれば、もっと楽に解決できそうな第三の選択肢を持ってほしい。

その代表的なものが、「人に頼る」という選択肢だ。

あなたはここまで十分がんばってきたんじゃないだろうか?

そろそろ「人に頼る」、「甘える」という選択肢を自分に与えてあげてもいいと僕は思う。

ということで参考にしてほしい!!!

「時間がない」と悩んでる人向けに6/16(金)にベストセラー作家のGAFA部長と開催するオンラインイベントを開催する。興味があったらぜひ参加してほしい。

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

内資トップの大手金融機関で長時間労働から「残業ゼロ」へ変わった現役会社員。出版後、会社員として働きながら、2018年の順天堂大学での講義をはじめ、年間30回以上セミナーを開催する個人事業主としても活動中。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告