習慣化のカギは実行する前にそれを「心地いい」と感じる工夫をすること

僕の最近の就寝前の夜のルーティンはウォーキングと日次レビューです。

ウォーキングは単純に1時間くらい、リラックスしながらぼーっと歩くだけ。

日次レビューは、「今日感じたことは?」など、いくつかの質問を自分に用意し、それに答えていくものです。所要時間はおおよそ5分です。

広告

実行する順番が違うだけで、先送りする衝動に駆られる

両方とも楽しい時間だからこそルーティンにしているわけですが、寝る直前になるとその様子は少し違ってきます。

僕の場合、夜寝る直前に何か思考したりするのが好きでないようなのです。

普段は日次レビューをやり、その後ウォーキングに出かけ、帰ってきてシャワーを浴びて就寝。このスタイルがとてもしっくりきています。夜もよく寝られるのです。

しかし昨日はうっかりしていて、順番が逆になってしまいました。ウォーキングの途中でそのことに気づいたのですが、日次レビューを先送りしてしまいたい衝動に駆られました。

僕の中でウォーキングからシャワーを浴びて就寝するという流れが、スポーツをやった後のクーリングダウンのように、気持ちよく眠るための良いリズムのようなのです。

夜寝る前にスマホやPCをみたり、脳を興奮させてしまうと寝付きが悪くなるというのは公然の事実です。

日次レビューをやろうとすると、5分といえどもPCを見て、色々と考えなければなりません。それが寝る直前になると、楽しいはずの作業でもとってもおっくうに感じるのです。

習慣化するには自分が「心地よく」それをできる工夫をする

何が言いたかったかというと、やはり行動を習慣化するには、その行動を「いつやるか」が大切になるということです。

行動を習慣化するには、できるだけ流れるようにスムーズにその行動に入っていけるよう、工夫するのがコツです。

自分が心地よく感じる順番、時間帯を意識してみてください。その行動をやろうとする時に心地よくないなら、それはタイミングが悪いか、そもそも義務感でやっていることのいずれかと考えられます。

それだけでも、今まで習慣化できなかったことが明日からできるようになってしまうかもしれません。

今日からあなたにできること

習慣化したい行動は心地よく入っていけるタイミングや時間帯を考えてみよう。

あなたにオススメ

行動の科学――先送りする自分をすぐやる自分に変える最強メソッド
マイケル・ボルダック
フォレスト出版株式会社 (2015-12-06)
売り上げランキング: 16,063
週刊少年ジャンプ 2015年7月6日号 30号
集英社

売り上げランキング: 441,349

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック