Kindle Unlimtedを利用するか否かは自分の時間との兼ね合いで決まる

ついに「Kindle Unlimited」が始まりました。

月額料金を支払えば本が読み放題ということで、読書好きの僕としては待ちに待っていたサービスでした。

しかし早速昨日登録をして、ラインナップを見ていた時にふと「これは自分には向いていないかもしれない」と思ってしまったのです。

広告

果たして「読み放題」する時間が今の自分にあるのかという問題

ラインナップ自体は悪くはないと思うのです。

僕は主にビジネス書を中心に読みますが、以前読んだデイル・ドーテン氏著の「仕事は楽しいかね」や近藤麻里恵さんの「人生がときめく片づけの魔法」などもあります。

しかしラインナップをザッと見て感じたことは、自分の中で「読んでもいい本」しかなかったということです。

そこで僕が感じたことは「これらの本を読んでいる時間ははたして僕にあるのだろうか」ということでした。

読み放題というのは確かに魅力的です。時間が無限にあれば、それこそ本当に最高のサービスでしょう。

しかし残念ながら僕達の時間は有限なのです。

僕には今回のラインナップ以外に「読みたい本」がたくさんあるのです。当然「積ん読」になっている本もたくさんあります。

Kindle Unlimitedを利用することは僕にとっては今の現状に「読んでもいい本」を読む時間をねじ込むことになります。

何かをする時間を増やすということは、何かをする時間を減らさなければならないわけです。睡眠時間を削るわけにはいきませんし、最高に心地いいウォーキングの時間も削れないわけです。

そうすると必然的に「Kindle Unlimtedは今の僕には必要ない」という結論に至るわけです。

利用するか否かの判断基準は「時間」

そういう意味では「時間」はこのサービスを利用するか否かの一つの判断基準になりそうです。

つまるところ自分の持ち時間をどのように使うかの問題となるからです。自分の持ち時間の中で、どの時間が本当に大切なのか。

優先順位付けを行うことで、本当にKindle Unlimitedの本を読む時間があるのか。自問自答する必要があるのではないでしょうか。

なぜなら僕の好きなコミックが読み放題になった瞬間にこの話は全然違う展開となるからです。その時に僕を止める障害は何もなくなるでしょう。

とりあえず「カイジ」が全巻読み放題でなくて本当によかったと、昨日は複雑な感情を味わいました。

賭博黙示録 カイジ 1
賭博黙示録 カイジ 1

posted with amazlet at 16.08.03
フクモトプロ/highstone, Inc. (2013-07-25)

今日からあなたにできること

Kindle Unlimitedの本を読む時間が自分に果たしてあるのか。自問自答してみよう。

あなたにオススメ

7つの習慣-成功には原則があった!
スティーブン・R. コヴィー
キングベアー出版
売り上げランキング: 771
「週4時間」だけ働く。
ティモシー・フェリス
青志社 (2011-02-03)
売り上げランキング: 30,482

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック