やりたいことを習慣化するための、「モーニングルーティン」を築こう

宮崎駿さんは「大事なことはだいたい面倒くさい」と言ったらしい。

自分にとって大事なこと、やりたいことって、たしかにめんどくさかったり、億劫で。習慣化するのはとてもむずかしかったりする。

じゃあ、どうしたら自分にとって大事なこと、やりたいことを習慣化できるのだろう。

その一つの答えは、朝のルーティン(モーニングルーティン)を築くことにあると僕は考えている。

広告


昨日、好きな作家のティム・フェリス(『「週4時間」だけ働く。』という本の著者で、本のタイトルからどんな人か想像できると思う)のYouTube動画を見ていたら、朝の習慣(ルーティン)について「僕にとって朝のルーティンは、意思決定の機会をなくすためにある」と言ってて。

話を聞いてみると、ティムは毎朝同じものを食べるし、朝起きたら「Aをやるか、Bをやるか」と考えなくてすむように、「まずAをやる」って決めてるって話をしてた。

僕もこの「朝のルーティンを作ること」については大賛成で。

朝のルーティンを作ると、自分のやりたいことを習慣化できるようになるからだ。

最初にも書いたけど、やりたいことって、取り組むのが面倒なこと、億劫なことが多い。

たとえば、毎朝資格試験の勉強をする。ブログを書く。本の原稿を書く。

なんでもいいんだけど、「やりたい」と思うことって、意外と毎日取り組むのがむずかしい。

でも、毎朝行動をルーティン化していると、取り組みやすくなる。

たとえば僕は毎朝、小説と本の原稿を書くために、朝起きてから次のように行動をルーティン化してる。

  • 朝起きたら、まずシャワーを浴びる
  • シャワーからあがったら、コーヒーを入れる
  • 小説を20分執筆する。
  • 次に、本の原稿を20分執筆する。

こうして行動をルーティン化しておくと、イメージとしては、コーヒーを入れると自動的に机にむかって、小説を書くようになる。そしてその後も、本の原稿を書くことができる。

もしこの一連の作業をルーティン化してなかったら、絶対こうはいかなくて。

きっと、「今日、小説書こうかな、どうしようかな」とまず考えてしまう。

そうして迷いがでると、「めんどくさいから、いいや」とか、「あ、別の『あれ』やらなきゃ」となってしまって、けっきょくやらずじまいになってしまうというわけ。

こうならないために、モーニングルーティンは絶大な効果を発揮する。

ということで、もしやりたいことがあって、習慣化したいなら。

モーニングルーティンを作ることからはじめてみよう!という話でした。

僕が見たYouTube動画はこちら。英語がわかる人は、ぜひ見てみてね。

ティムの本はこちら。まだ読んでない人は、check it out!

ということで、参考にしてほしい!!!

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

1982年東京生まれ。
慶應義塾大学卒業後、内資トップの大手金融機関に勤務。長時間労働に悩んだことをきっかけに独学でタスク管理を習得、2016年には「残業ゼロ」の働き方を達成。

その体験を出版した「気持ちが楽になる働き方 33歳大企業サラリーマン、長時間労働をやめる。(金風舎)」はAmazon1位2部門を獲得。

2018年には順天堂大学で時間管理をテーマに講演を行うなど、講演やセミナー活動を中心に個人事業主としても活動している。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告