「時間がないからできない」のではなく本当は「それに使う時間がない」だけ-時間があっても毎日ブログが書けない理由

「時間がないからできない」

僕達は何かやりたいと思った時、ついこの言葉を使ってしまいます。

しかし最近僕は強く実感するのです。

時間がなかったのではなく、「それを本気でやる気がなかったんだ」ということを。

そう。時間が問題だってのではなく、あなたの優先順位の問題だったということです。

説明していきましょう。

広告

時間があってもブログは毎日書けない

例えば僕の場合、ブログが自分の中でわかりやすい経験となっています。

ブログ自体は子供ができる前から(つまり、独身時代のように比較的時間があった時から)やっていました。

当時はこのブログとは別の形でやっていましたが、週末に1回エントリーを更新するのが精一杯でした。

今思えば、時間がなかったわけではありません。

少なくとも子供がいなかったので(今は二人いる自称イクメンですw)、今よりはずっと自由に使える時間があったわけです。

当時も「ブログを育てていきたい」とは思っていたはずですが、毎日更新はできませんでした。

今思えば単純に「やりたいことが多すぎた」と思います。

というより、「やることを絞れていなかった」という言い方のほうが適切かもしれません。

当時はブログを書くより、自分の中で「やらなければならないことーがたくさんありました。

本を読む時間、資格の勉強、テニスの時間。

つまり、ブログを書こうと思えば書く時間は十分あったのに、無意識にその他のことに時間を優先的に使っていたということです。

そう。僕達には時間がないのではないのです。

「それ(例えばブログ)に使う時間がない」だけなのです。

その時がくれば、身体は動き出す

この仕組みに気付いてさえしまえば、何かを習慣づけることはそう難しくありません。

例えばあなたがブログをはじめようと思うなら、毎日ブログを書くことだけに集中すればいいのです。

テレビをみたり、本を読んだりする時間をなくせばいい。

それができないのであれば、あなたは「そのこと」にまだ本気になっていないということです。

あ、それが悪いことだと言いたいわけではありません。

昔の僕もそうだったように、今はその時ではないということです。必要なら、体は勝手に動き出します。

だからストレスを感じて欲しくないだけです。

「やらなければならない」という動機で何かをやって欲しくないだけです。

テレビを楽しむ。映画を楽しむ。マンガを楽しむ。それでもいいのです。

とにかく何かをはじめたいなら、「やることを絞ること」。

明日から是非意識をするようにしてみてください。

このブログも先程ランニングから帰る途中に、モーレツにラーメンが食べたくなり、チャーシュー大盛りをガッツリ食べてから書いています。

きっと大切なのは、「今やりたいと思ったことを楽しんでやること」だと思うのです。

今日からあなたにできること

今まで時間がないことを言い訳にやってこなかったことをはじめてみよう。その時は、「それだけに」集中しよう。

こちらのエントリーもあわせていかがでしょう?

あなたにオススメ

「週4時間」だけ働く。
ティモシー・フェリス
青志社 (2011-02-03)
売り上げランキング: 11,795
新版 人生を変える80対20の法則
CCCメディアハウス (2013-04-20)
売り上げランキング: 2,605

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック