今までの「武器」を手放して、今年は新しいことを始める一年になりそうです。

新しい年になりましたね。本年もどうぞよろしくお願いします。

昨年末から、いろんなことをやめてきました。

ブログと YouTubeの毎日更新をやめて、

約3年くらいかな?平日毎日書いてきたメルマガもやめました。

ブログもメルマガも、いつのまにか。

自分の中で、どこか「やらなければいけないこと」になってしまって、純粋に楽しめなくなってしまったからです。

ブログもメルマガも、やめるかどうかは、実は相当迷いました。

なぜならブログやメルマガは、僕の最大の「武器」だったからです。

広告


ブログやメルマガを毎日書いていることは、今思えば僕の自信の源でした。

ブログやメルマガを毎日書けている自分に、誇りを持っていました。

僕の人生を切り開いてくれた、情報発信。

そんな「武器」を捨ててしまって、これからどうやって人生を切り開いていったらいいのか。

不安に駆られました。

でも、

「楽しくないことはやらなくていい」

「不安を原動力に行動しない」

というのが僕の信条です。

ブログもメルマガも楽しめなくなった以上、「やる必要がない」と判断しました。

「人生を切り開けなくなる」という不安を原動力に、ブログやメルマガを書き続けるというのは、僕の信条に合わないと判断したのです。

本来ここまで徹底する必要はないのかもしれません。

でも、今の僕は自分の信条をなかなか曲げることができません。不器用すぎるのかもしれませんね。

そうして、思い切って「エイや」とやめてしまいました。

で、そうして実際にやめてしまった今。どう感じているのか。

「自分には、何もない」

そんな風に感じている自分がいます。

懐かしい感覚です。

2012年にタスク管理をはじめる前に、当時の自分が感じていた感覚です。

タスク管理の技術を身につける前で、情報発信をはじめる前の自分は「ただの会社員」。

「自分には何もない」と感じていました。

あれから9年経って、僕はまた、「自分には何もない」と感じています。

そんなことないはずなんですけどね(笑)。

ただ、実際にそう感じてしまってるわけですから、それをあえて否定する必要はないと思ってます。

きっとここが、「原点」なのだと思うのです。

今まで僕を支えてくれてきた「武器」を一旦捨てて、原点に戻ったのです。

これからまた、何か新しいことをはじめていくのだと、思うのです。

まだいくつか、手放したいものがあります。

何かを手放したら、新しいものが手に入る。これは真理です。

今まで手に入れてきたものを手放したら、一体何が飛びこんでくるのでしょう。

とても楽しみで、ワクワクしています。

そんな感じで、今年は実験の一年として、スタートです。

ここからどんな風に僕の人生が変化していくか。

また書いていきたいと思います。

今年もよろしくお願いします。

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

1982年東京生まれ。
慶應義塾大学卒業後、内資トップの大手金融機関に勤務。長時間労働に悩んだことをきっかけに独学でタスク管理を習得、2016年には「残業ゼロ」の働き方を達成。

その体験を出版した「気持ちが楽になる働き方 33歳大企業サラリーマン、長時間労働をやめる。(金風舎)」はAmazon1位2部門を獲得。

2018年には順天堂大学で時間管理をテーマに講演を行うなど、講演やセミナー活動を中心に個人事業主としても活動している。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告