燃え尽きてしまったり、 人生に絶望を感じる時は、本当は「がんばりたくない」と感じてる時。

人には、がんばれない時期って、あると思います。

頭では「がんばらなきゃいけない」とわかってる。でも、心は「がんばりたくない」と言っているのです。

そのことに、薄々自分自身も気づいている。

でも、「がんばりたくない」と思ってることなんて、認めたくない。

がんばらないと、人生を前に進めることができない。

そう、不安を感じるから。

人は「がんばりたくない」という自分の気持ちに気がつかないふりをして、ついがんばってしまうのです。

その結果、燃え尽きてしまったり、絶望を感じてしまいます。

それは、「がんばりたくない」という自分の本心を無視して、ムリしてがんばってしまった結果なのです。

広告


燃え尽きてしまったり、 人生に絶望を感じた時は。

自分が、ほんとは「がんばりたくない」と思ってることを、認めてあげましょう。

自分の気持ちを、大切にしてあげてください。

ここまで散々無理して。精一杯、がんばって生きてきました。

長いキャリアで、少しペースを落として。ゆっくり過ごす時期があってもいいのです。

何よりもあなたの心は、そう望んでいるのですから。

本心では「がんばりたくない」と思ってる時にがんばっても、人生はうまくいかないものです。

実際今まで「うまくいっていない」と感じてるからこそ、燃え尽きたり、絶望を感じてしまっているのです。

だから少しペースを落として。

流れに身を任せて生きてみても、いいのではないでしょうか。

あのベストセラー作家の本田健さんも、5年間「どれだけがんばろうと思っても、体が動かなくなってしまった」状態だったそうです。

著書の「きっと、よくなる!2」で健さんは以下のように語っています。

十年近く前、私は人生のどん詰まりを体験していました。どれだけがんばろうと思っても、体が動かなくなってしまったのです。表向きは育児セミリタイアということにしましたが、それまでのハイペースな人生に疲れきっていました。それで、子育てを機会に少し休んで、人生についてゆっくり考えることにしたのです。ちょっとのつもりが、結局五年にもなってしまいました。(中略) 「ひょっとしたら一生社会に出られないかもしれない」という不安を感じながら、きっと出ていくタイミングが来るとも信じていました。私にとって、5年間の引きこもり生活は自分と向き合う貴重な時間になりました。そこから、本当に大切なものを中心にして生きることを学んだように思います。

人生は、良い意味でも、悪い意味でも。僕たちの思う通りに進んでいきません。

がんばったからといって、人生が必ずしも前に進むわけではない。

でも、がんばらないからといって、人生が前に進まないわけではないのです。

もっとあなたの人生を信頼してください。

あなたの人生は、大丈夫です。

あなたも薄々、そう感じているはずです。

だったらその気持ちを信じて。

「今はがんばれない時期なんだなー」と。自分を認めてあげてください。

そうして自分の気持ちと寄り添って生きていくことができるようになった時。

次の道は、きっと開けるはずです。

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

無料メルマガ

滝川 徹のメルマガへの登録は以下からどうぞ

この記事を書いた人

滝川 徹

東証一部上場の大手金融機関で長時間労働から「残業ゼロ」へ変わった現役会社員。出版後、年間30回以上セミナーを開催する個人事業主としても活動している。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告