精一杯生きようとしすぎると、自分が「やりたいこと」を見失う

過ぎ去りし時を求めて、約15年ぶりにゲームを買いました。

購入したのは、2年前出た「ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて」です。

2年前に発売した時に「やりたいなー」とずっと思っていました。

でも、「ゲームなんかに時間を費やしてる場合じゃない」 と、その時は購入を断念したのです。

しかし2年の時を経て。そして、約15年ぶりに。

僕はゲームを楽しむことにしたのです。

広告


物心ついた時から、僕はゲームに夢中でした。

学生時代も、ほとんどテニスしてるか、ゲームしてるか。

それくらい、好きでした。

しかし2005年に今の会社に入り、僕は突如ゲームに興味を失ってしまったのです。

当時購入したファイナルファンタジーの最新作をプレイしている途中、ものすごい勢いで興味を失っていく感覚を味わいました。

結局そのゲームは、クリアせずに途中でやめてしまいました。

それは、これから会社人生がはじまるにあたり、「これからは仕事に全力を注ごう」と。

決意したからだと、今ならわかります。

これから、会社人生がはじまる。

ゲームなんかに時間を使ってる場合ではない。

そう、無意識に考えたのだと思います。

あれだけ好きだったゲームに突如興味を失ってしまったことに、僕自身も驚きました。

それくらい無意識に強く、「これからはムダな時間を過ごさないようにしよう」と自分で決めたのだと、今ならわかります。

そうして僕は、自分の「やりたい」と思うことを、無意識に封印してしまったのです。

そうして15年たった今、思うのです。

「どうして自分がやりたいことを、封印してしまったんだろう」と。

ゲームは一つの例に過ぎません。

僕はゲームと同じように、きっと無意識に、たくさんのことを封印してしまったように思うのです。

この15年間きっと、たくさんの「やりたい」があったはずなのです。

でも、おそらく僕は、自分のそういった気持ちに気がつくことなく、無意識にそれを全て書き消してきたように思うのです。

「無駄な時間を過ごしたくない」

「限られた時間を有意義に使いたい」

そう、強く思いすぎたあまり。

僕は自分が「やりたい」と思うことを、今を楽しむことを。ずっと忘れてきたように思うのです。

確かにこの15年間、僕は精一杯生きてきました。

無駄な時間を過ごさないように、全力を尽くしてきました。

それによって、得たものも確かにありました。

でもそれによって、 失ったものも、確かにあったのです。

それは、わかりやすく言えば「青春」です。

本当の意味で、「自分らしい生き方」を僕は封印してきたように思うのです。

精一杯生きることは、悪いことではありません。

でも、精一杯生きることしか頭にないと、自分らしい生き方を見失ってしまいます。

そうして人は、自分のやりたいことがわからなくなるのです。

無駄な時間を過ごしてもいい。

失敗してもいい。

それでも、自分が「やりたい」と思ったこと、やらせてあげてください。

なぜなら、それがあなたらしい生き方だから。

そうして自分本来の人生を、「青春」取り戻した時に。

未来が開ける。

今の僕は、強くそう思うのです。

今からでも、遅くはありません。

失った時を、青春を、取り戻しにいきましょう。

過ぎ去りし時を求めて。

無料メルマガ、やってます!

平日毎朝、ブログに書かない話を中心に、毎日あなたにメールをお届け。

セミナー情報も随時お知らせします。

「役に立つ」ととても好評なので、ぜひ登録ください。もちろん、無料です!

登録は以下からどうぞ

セミナー情報

講座はこちら

とってもお得に学べる「オンライン会員」募集中

毎月開催するオンラインセミナー、30本以上僕の過去のセミナー動画が見放題。しかも、いつでも僕に質問し放題という、とってもお得なサービス。

しかも、30日間は実質無料でお試し可能。

まずは試してみてほしい。きっとあなたの役に立つ。

個人セッションのご依頼

平日18時以降、都内で開催。

遠方にお住まいの方でも、オンラインで対応可。

詳細とお申し込みはこちらから。

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

内資トップの大手金融機関で長時間労働から「残業ゼロ」へ変わった現役会社員。出版後、会社員として働きながら、2018年の順天堂大学での講義をはじめ、年間30回以上セミナーを開催する個人事業主としても活動中。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告