「精一杯生きなければいけない」という考えに縛られることなく、もっと自由に、自分の気持ちのままに生きていきたいと願う。

いつの頃からか、

「人生、後悔しないように生きよう」

「精一杯、生きよう」

そう心がけて、生きるようになった。

それが人として「正しい生き方」だと思ってきたし、

何より、年をとって、人生をふりかえった時に。

「もっとこうすれば良かった」と、後悔したくなかった。

だから、

「 人生後悔しないように生きよう」

「精一杯、生きよう」

そう思って、今まで生きてきたのです。

後で人生をふり返った時に、後悔しないように。

もし将来、後悔するようなことがあったとしても。

「自分はベストを尽くしたんだから、仕方がない」

そう思えるように。

「精一杯、生きよう」

そう、がんばって生きてきたのです。

でもその結果、僕は今まで、本当の意味で「自分らしい人生」を生きてこなかった。

先日そのことに、気がついてしまいました。

広告


「精一杯生きよう」とするあまり、今を楽しむことを忘れてしまってたように思うのです。

たとえば大学時代。

将来、「もっとがんばってたら、もっとテニスが上手くなってたかもしれない」 と思いたくなくて。

そう、後悔したくなくて。

「とことんテニスをやろう」と、 体育会のテニス部に入りました。

あんなに大好きだったテニスを「やりたくない」と思えるぐらい、毎日がんばって練習しました。

大学4年間、たしかに僕は精一杯生きました。

でもそれと引き換えに失ったものも、大きかったように思うのです。

もっと普通にアルバイトしたり、

バイト仲間やサークル仲間と旅行したり、

もっとのんびり、ゆっくりと。

もっと自由に、好きなことをして。

人生を楽しんだら、良かったのかもしれない。

今は、どうしても、そう思えてしまうのです。

もちろんそれは、「無いものねだり」かもしれません。

当時「精一杯生きた」からこそ、今の僕の人生があるわけで。

たとえばテニスサークルに入って、別の人生を送っていたら、「体育会に入って、がんばればよかった」と思ったのかもしれません。

それでも、今は思うのです。

僕は大学時代精一杯生きた結果、「自分らしく生きられなかった」と。

「青春を失った」と。

そう思えてしまうのです。

ひょっとしたら、後悔してるのかもしれません。

大学時代は一つの例で、今までの人生、随分とたくさんのことを犠牲にしてきたように思います。

「精一杯、生きなきゃ」

そう思うことで、無意識でしたが、たくさんの選択肢を捨てて生きてきたように思うのです。

僕は今まで、人生、自由に生きてきたつもりでした。特に残業ゼロに働き方を変えてからは、そう思ってきました。

でも僕は、「精一杯、生きなきゃ」という思考によって選別された選択肢の中で、自由に生きてきただけだったことに気がつきました。

ただ、過去はやり直せないし、別にやり直したいわけではありません。

大切なのは、これからです。

これから先の人生、本当の意味で、自分らしく生きていくことです。

「精一杯生きなければいけない」という考えに縛られることなく、もっと自由に、自分の気持ちのままに、生きていきたい。

たとえ後悔してもいい。

失敗してもいい。

今を大切に、好きに生きていきたい。

そう、願うのです。

僕の人生は、ここからです。

そしてあなたの人生もきっと、ここからです。

お互い自分らしく、幸せに生きていきましょうね。

無料メルマガ、やってます!

平日毎朝、ブログに書かない話を中心に、毎日あなたにメールをお届け。

セミナー情報も随時お知らせします。

「役に立つ」ととても好評なので、ぜひ登録ください。もちろん、無料です!

登録は以下からどうぞ

セミナー情報

講座はこちら

とってもお得に学べる「オンライン会員」募集中

毎月開催するオンラインセミナー、30本以上僕の過去のセミナー動画が見放題。しかも、いつでも僕に質問し放題という、とってもお得なサービス。

しかも、30日間は実質無料でお試し可能。

まずは試してみてほしい。きっとあなたの役に立つ。

個人セッションのご依頼

平日18時以降、都内で開催。

遠方にお住まいの方でも、オンラインで対応可。

詳細とお申し込みはこちらから。

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

内資トップの大手金融機関で長時間労働から「残業ゼロ」へ変わった現役会社員。出版後、会社員として働きながら、2018年の順天堂大学での講義をはじめ、年間30回以上セミナーを開催する個人事業主としても活動中。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告