結局、「仕事の生産性を上げる」とは、どういうことなのか

「仕事の生産性を上げよう」と言うと、なんとなくわかった気になりますが、具体的に仕事の生産性を上げるとは、どういうことなのか。

そう聞かれたら、あなたは答えることができますか?

実は僕自身、この答えをハッキリ理解したのはつい最近です。

結論から言ってしまうと、仕事の生産性を上げるとは、仕事に投入する時間(インプット)を減らすか、成果(アウトプット)を増やすことです。

そして仕事の生産性を上げたいのであれば、「とにかくインプットを減らすこと」を意識するべきなのです。

なぜなら、インプットを減らすことに比べ、アウトプットを今以上に増やすことはそう簡単ではないからです。

広告


成果を増やす方法は、誰でも常に意識をしているはずです。

たとえば営業マンであれば、 「どうやったら売上が増えるか」。

常に考えているはずです。

今からさらに売り上げを増やそうとするのは、かなり難しいはずなのです。

それに比べれば、今の成果を維持しつつ、「インプットをどうやって減らすか」を考える方が圧倒的に簡単に生産性を上げることができるのです。

たとえば今まで1時間かかってた作業を30分で仕上げられるようになれば生産性が2倍高まったということになります。

今残業をしてなんとかこなしている仕事量を定時でこなせるようになれば生産性が上がったことになります。

頭ではこのことがわかっても、実際に働く時間を減らすことは怖いですよね。

それはきっと、あなたが 「仕事の成果は働く時間が長ければ長いほど上がっていく」という昔からの価値観に囚われているからかもしれません。

働く時間と仕事の成果が正比例しないことは、ちょっと考えればわかることです。

たとえば、夕方5時以降に残業する2時間と始業前に残業する2時間では同じ2時間でも仕事の生産性は同じではありません。

夕方5時以降は基本的に疲れているので、集中力や作業能力も低下しています。

それに比べれば、始業前の2時間は1日の中で最も集中力や作業能力が高い時間帯です。

このことからもわかる通り、我々は機械ではないので、長く働けば働くほどその分正比例して仕事の成果が上がっていくことはありえないのです。

大切なことは、どうやったらより短い時間で、今と同じ成果を出せるか。常に考え続けることなのです。

このことを意識する。これがまず、スタートになります。

ということで、参考にしてほしい!!!

無料メルマガ、やってます!

平日毎朝、ブログに書かない話を中心に、毎日あなたにメールをお届け。

セミナー情報も随時お知らせします。

「役に立つ」ととても好評なので、ぜひ登録ください。もちろん、無料です!

登録は以下からどうぞ

セミナー情報

講座はこちら

とってもお得に学べる「オンライン会員」募集中

毎月開催するオンラインセミナー、30本以上僕の過去のセミナー動画が見放題。しかも、いつでも僕に質問し放題という、とってもお得なサービス。

しかも、30日間は実質無料でお試し可能。

まずは試してみてほしい。きっとあなたの役に立つ。

個人セッションのご依頼

平日18時以降、都内で開催。

遠方にお住まいの方でも、オンラインで対応可。

詳細とお申し込みはこちらから。

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

無料メルマガ

滝川 徹のメルマガへの登録は以下からどうぞ

この記事を書いた人

滝川 徹

滝川 徹

東証一部上場の大手金融機関で長時間労働から「残業ゼロ」へ変わった現役会社員。出版後、年間30回以上セミナーを開催する個人事業主としても活動している。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告