「話しやすい」と人から思われるために最も大切なこと

昨日人と話をしていてあらためて「わかってもらえるって嬉しいな」って思った。

僕自身はずっと人から「わかってもらえない」と感じて生きてきたから。

今でこそ「他人からわかってもらえる」と感じられるようになったけれども。

やっぱり自分の考え方、価値観を他人に伝えた時に「わかってもらえる」と感じるととても嬉しく感じる。

そしてやっぱりコミュニケーションの基本って、ここにあると思っていて。

本当に考え方、価値観って人それぞれだから。

人と話をする時は、その人の考え方をまずは受けいれてあげる。受け止めてあげる。

これが人と楽しく話すコミュニケーションの秘訣だと僕は考えている。

そういう風に考えるようになってから、人から「話しやすい」と言われることがとても多くなった。

自分で言うのもなんだが、 僕は人から話を引き出すのがものすごくうまい。インタビューとか、絶対プロ級だ。

その理由は「この人ならどんな話をしても大丈夫だ」と思わせることができているからだと思っている。

広告


僕自身も昔そうだったが、多くの人が「本音を話したら否定される、嫌われる」と心配に思っている。

たとえばみんながマジメに一生懸命働いている職場で「仕事はあくまでお金を稼ぐ手段だ」なんて発言したら。

上司や同僚から「コイツは不真面目だ」と嫌われてしまうかも。そんな不安を感じる人もかなり多いはずだ。

このように自分が本心で思っていることを、正直に他人に話したら他人からわかりやすく言えば「嫌われてしまう」。

そんな恐怖と多くの人は日常で戦っているのだ。

だからこそ相手に本音をしゃべってほしい、相手から本音を引き出したいのであれば。

「この人に本音を話しても大丈夫そうだ」と思ってもらなければいけない。

専門用語で言えば「ラポールの形成」であったり、「心理的安全性の確保」という言い方になると思うが、これなしでは本音のコミュニケーションは成り立たないのだ。

では具体的にどうやったら他人に「本音を話しても大丈夫そうだ」と思ってもらえるのか。

まず大切なのは、相手がどんな考えを持っていたとしても。

「それを一旦は受け入れよう」という姿勢を自分の中に持つことだと思う。

たとえば自分が犬が好きで,猫は嫌いだとして。

相手が猫が大好きだとしても、 「君はそうなんだね」と一旦受け入れる。

別に「僕も猫は好きなんだ」と嘘をつく必要はない。単純に相手の考えを「相手の考え」として受け入れてあげる。

それだけでいいのだ。

意外にこの姿勢を持っていない人が世の中に多い。

そしてこの姿勢を持っていない人というのは、なんとなくオーラと言うか、 雰囲気でわかるものだ。

「この人なんか話しにくいな」と感じることがあなたにもあるはずで。まさにそれがこのオーラというわけだ。

人の話を受け入れようという姿勢を持っている人は、 オーラ自体がとても柔らかい。

こういうオーラを醸し出すことができるかどうか。

それは先程書いたように「姿勢」の問題なのだが、このオーラを醸し出せるかどうかが最も大切だと僕は思っている。

以下の記事も理解を深めるために読んでみてほしい。

ということで、参考にしてほしい!!!

無料メルマガ、やってます!

平日毎朝、ブログに書かない話を中心に、毎日あなたにメールをお届け。

セミナー情報も随時お知らせします。

「役に立つ」ととても好評なので、ぜひ登録ください。もちろん、無料です!

登録は以下からどうぞ

セミナー情報

講座はこちら

とってもお得に学べる「オンライン会員」募集中

毎月開催するオンラインセミナー、30本以上僕の過去のセミナー動画が見放題。しかも、いつでも僕に質問し放題という、とってもお得なサービス。

しかも、30日間は実質無料でお試し可能。

まずは試してみてほしい。きっとあなたの役に立つ。

個人セッションのご依頼

平日18時以降、都内で開催。

遠方にお住まいの方でも、オンラインで対応可。

詳細とお申し込みはこちらから。

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

無料メルマガ

滝川 徹のメルマガへの登録は以下からどうぞ

この記事を書いた人

滝川 徹

滝川 徹

東証一部上場の大手金融機関で長時間労働から「残業ゼロ」へ変わった現役会社員。出版後、年間30回以上セミナーを開催する個人事業主としても活動している。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告