「それは、彼の問題だから」

「それは彼の問題だから」

先日久しぶりにあった友人が言った。

その言葉が、印象に残っている。

「この人、強いな」って思った。

つまり、他人は変えられないということ。

広告


変える必要すら、ないんだろうね。

生きていて人と関わっていると

相手が自分の思い通りに

動いてくれなかったり、

反応してくれなかったりする。

そんな時は「おかしい!」と

イラっとしてしまうけど(笑)。

でもそれは、僕の問題。

僕が「こうあるべき」と

思ってるだけ。

心屋さんの記事を読んで、

あらためて思った。

「あなたが変わりなさい」はムリ

あなたも「はやくあきらめなさいよ」

て言われてもムリ、でしょ?

うん。たしかにあきらめられない(笑)。

だからもう、他人を変えようとするの

あきらめよう。

ねっ。

滝川より

□□ワークショップ情報□□

毎月の「継続型勉強会」会員募集中!

8/24(金) 19時〜21時

「残業ゼロの達人が教える、

人生を楽しむ時間の作り方」

​​​​​​​

□□無料メルマガはじめました!□□

登録は以下からどうぞ

□□通勤で学べる教材も提供してます!□□

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

1982年東京生まれ。
慶應義塾大学卒業後、内資トップの大手金融機関に勤務。長時間労働に悩んだことをきっかけに独学でタスク管理を習得、2016年には「残業ゼロ」の働き方を達成。

その体験を出版した「気持ちが楽になる働き方 33歳大企業サラリーマン、長時間労働をやめる。(金風舎)」はAmazon1位2部門を獲得。

2018年には順天堂大学で時間管理をテーマに講演を行うなど、講演やセミナー活動を中心に個人事業主としても活動している。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告