自分の意見を断定できないのは、
批判を受け入れる覚悟がないからです。

断定しようとすると、
「それは違う」と言われたり、
「わかってない」と
思われたりしそう。

そんな気持ちもわかります。

断定しないことの問題点は、
あなたにその覚悟がないことなのです。

 断定しないなら、何も言っていないことと同じ

あなたはなんのために
意見を言うのでしょう。
情報発信をするのでしょう。

それは、
「世界を変えるため」
のはずです。

自分が何かを言うことで、
誰かに影響を与えたい。

それは、
大きく言えば
「世界を変えたいから」
ということです。

にもかかわらず、
あなたは批判を恐れて
自分の考えのトーンを
弱めている。

それでは、
人に大きな影響を与えることは
できません。

世界を変えることは
できないのです。

「断定しないなら、
何も言っていないことと同じ」

これは昔僕自身も、
言われた言葉です。

傷つく覚悟がない人に、人は魅力を感じない

自分の意見を言うなら、断定することです。

「それは違う」
「わかってない」
と言われる覚悟をもつことです。

「人に影響を与えたいのに、
『意見を押しつけたくない』というのは
矛盾している。」

僕自身も、
昔相談した人から
こう言われたことがあります。

そして気づいたのです。

「僕は人に意見を
押しつけたくないのではなく、
ただ自分が傷つきたくないだけなんだ」
ということです。

傷つく覚悟がない人に、
人は魅力を感じないのです。

まとめ

自分の意見を断定する。
押しつける。

他人への思いやりから、
こうしたことは
避けてしまいがちです。

しかし、本当は
自分自身が傷つくのが
怖いだけなのです。

「それは違う」
「わかってない」

そう言われるのが怖いのです。

しかし、
あなたは影響力を持ちたいはずです。

それならば、
勇気をだして
断定しなければいけません。

人に意見を
押しつけなければいけません。

その覚悟が、
人に影響を与え、
世界を変えるのです。

以下の記事も参考にしてみてください。

滝川より

無料メルマガやってます!

平日毎朝、気軽に読めるお手紙が
あなたの元に届きます。

登録は以下からどうぞ

ワークショップのお知らせ

1/30(水)
19時〜21時

仕事に忙殺される人生から、自分らしい生き方を取り戻す『お稽古』やってます!

毎月提供するセミナー動画、
オンラインを軸とした交流を通して

「日常の仕事に忙殺されている人が、
働く時間を劇的に減らし、
自分らしい生き方を取り戻す方法」

をお伝えしています。

セミナー動画も提供してます!

個人セッションのお申しこみはこちらから

個人セッション申し込みフォーム

この記事を書いた人

滝川 徹

滝川 徹

「残業ゼロ」を日本に広めていきたい。

東証一部上場の大手金融機関で
「残業ゼロ」を33歳から実践。
組織でも残業を減らして、
全国表彰。

個人事業主として
セミナー、
法人の「残業ゼロ」コンサルティング、
執筆活動を行ってます。
詳しくはこちらをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

Amazonへ見にいく

無料メルマガ

滝川 徹のメルマガへの登録は以下からどうぞ

あわせて読みたい

広告