仕事で「誰も助けてくれない」と怒りを感じる時の原因と対処法–「助けてください」の一言が言えなかった経験から。

昔、長時間労働をしていて、「誰も助けてくれない」と怒りを感じていた頃をふりかえると。

「もっと上司や同僚に甘えればよかったんだ」と思う。

当時の僕は、とにかく「自分でなんとかしなければいけない」と考えすぎていた。

自分に与えられた仕事は、絶対に自分でなんとかする。

そんな気持ちが強すぎた。

だから仕事が終わらない時は、朝早く出勤し、夜遅くまで働いた。

上司や同僚に頼ることなく。自分だけで、なんとか仕事を終わらせようとしていた。

今思うと、そうして自ら、上司や同僚の助けをなかば拒んでいたような気がする。

にもかかわらず、「誰も助けてくれない」。そう、上司や同僚に不満を感じていた。

「どうして自分ばっかり、こんなに仕事をしなければいけないんだ!」と怒りを感じていた。

でも、今思い返すと。

上司や先輩は、僕に「大丈夫か?」と声をかけてくれていた。

でも、当時の僕はそこで、秒で「大丈夫です!」と彼らの助けを拒否していたのだ。

「助けてください」の一言が言えなかった。

「助けてください」と言うのが、弱音を吐いてるみたいで。弱音を吐くヤツは「ダメなヤツ」だ。そう思っていた。

今なら、わかる。

上司や同僚が助けてくれないのは、彼らのせいではない。僕が助けを拒否していたからだったんだ。

このことに気がつくのに、ずいぶん時間がかかった。

今もしあなたが昔の僕と同じように、「誰も助けてくれない」と悩んでいるなら。

この記事を読むことで、上司や同僚に対する恨みがなくなるだろう。

上司や同僚に、次第に感謝の気持ちすら生まれるようになるだろう。

なぜなら、今の僕がそうだから。

今日は僕自身の経験から、あなたの今の苦しみを解き放つヒントをお伝えしていく。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

広告

今思うと、「手伝わせたかった」のかもしれない

当時の僕が、上司や同僚に「助けてください」と素直に言えなかったのは。

今思うと、上司や同僚に「手伝わせたかった」のかもしれない。

上司や同僚に必死にがんばってる姿を見せて。

「さすがにもう、そんなにがんばらなくていいよ。仕事、引き取るよ」

そう、「言わせたかった」んだんだと思う。

一言で言うと、めんどくさいヤツだった。

どうして素直に「助けてください」と言えなかったのだろう。

それは今ふりかえると、「甘えること=ダメなヤツ」と思っていたからだ。

でも、今ならわかる。

他人に甘えることは、悪いことではない。むしろ、「いいこと」だということを。

ワンマンプレーは、むしろ迷惑

あなたが独立して、フリーランスとして一人で仕事をしているなら別として。

あなたがもし会社員として組織の一員として働いているのなら。

どうして、そんなに一人でがんばる必要があるのだろう。

せっかく上司や同僚という仲間がいるのに。

組織で働く意味は、組織全員で最高のパフォーマンスをあげることにある。

にもかかわらず、誰にも頼らず一人でずっとがんばって仕事をすることは。

たとえれば、サッカーで一人でゴールまでドリブル突破しようとしてるようなものだ。

あなた自身は、「自分はがんばってる」と思ってるかもしれない。

でも、まわりは「もっとパス回せ」「単独プレーは、迷惑だ」と思ってるかもしれない。

だから、「誰にもわかってもらえない」とあなたは感じるのではないだろうか。

あなたが「人に迷惑をかけてはいけない」と考える一方で。

上司や同僚は、「もっと信頼して欲しい」

「頼ってほしい」

そう思ってるのかもしれないのだ。

だからこそ、「手伝わせてあげる」

もしあなたが今、たくさんの仕事を抱えていて、溺れそうなら。

上司や先輩に相談してみたらいい。

いきなり「助けてください」とは言いづらいだろう。

それなら、「今正直ちょっとしんどくて、業務量を調整してもらえませんか」と相談してみたらいい。

上司や先輩達は「待ってました!」と、喜んであなたの力になってくれるはずだ。

上司や先輩達は、なにも建前だけで「大丈夫?」とあなたに聞いてわけじゃないんだ。

彼らは、本心から「力になりたい」と思っている。

だから、「手伝わせてあげたらいい」と思う。

もちろん、人によっては「もっとがんばりなよ」という人もいる。

実際、そういう人もいた。

でも、「大丈夫?」と聞いてくる人は、間違いなく力になってくれる人だ。

せっかく会社という場で、みんなで働いてるんだ。お互い頼るときは頼っていい。

そうして人に頼った結果、もし自分に余力ができたら。

その時は同僚を助けてあげよう。

だから、今あなたが「つらい」と感じてるなら。

今は、同僚を頼ろう。手伝わせてあげよう。

それがデキるようになった時。

今の僕のように、「一人じゃない」と。きっと思えるようになるから。

以下の記事も、あなたにオススメだ。

ということで、参考にしてほしい!!!

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

東証一部上場の大手金融機関で長時間労働から「残業ゼロ」へ変わった現役会社員。出版後、会社員として働きながら、2018年の順天堂大学での講義をはじめ、年間30回以上セミナーを開催する個人事業主としても活動中。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告