他人から見ると、

たぶん僕は
自信満々に
生きているように
見えると思う。

僕も、
自分には
自信があるように
思ってる。

それでも、
やっぱりどこか
劣等感を
まだもってる
なと
自分で思う時がある。

広告


それは、
会社で
評価されている人を
見た時に、

嫉妬の感情が
生まれる時
なのね。

僕の会社では、
空気を読めて、

うまく
立ち回れる人が
評価される
(と僕は思っている)。

一見スマートに
見える人たちだ。

大抵は彼らは
人事、経理を
はじめとした
本社機能の
部門に勤めている。

彼らとは、
研修の時などに
一緒になるわけだが、

特に彼らが
研修の講師として
僕の前にあらわれると

コイツらが
なんぼのもんじゃい

と対抗心に似た
感情が生まれる。

「コイツら、
大したこと
ないくせに」

そう心の中で
彼らをdisる
自分がいる。

そう、
あなたも
お気づきのように、

これが嫉妬
というやつだ(笑)。

僕は彼らが
うらやましい
のだと思うよ。

彼らは、

僕がずっと
欲しかった
「会社の評価」
を手に入れている
人たちだ。

彼らの中には
会社で
評価された結果、

海外に
MBAを取りに
留学してきた
人もいる。

彼らは、
昔の僕が
目指していた姿だ。

僕は
がんばっても、
彼らほど
空気を読めず、

彼らほど
うまく
立ち回ることが
できなかった。

僕は彼らとの
戦いに敗れ、

そして
舞台から
降りたんだ。

だから、
僕は彼らに対し
劣等感が
あるのだと思う。

そして
心のどこかで、
「彼らを
見返してやる」
という考えも
きっと持っている。

僕が成功したい、
すごい人に
なりたいのは、

こうした
劣等感を
克服したいから
かもしれない。

で、気づいたんだ。

彼らに対して

「コイツらが
なんぼのもんじゃい」

「コイツら、
大したこと
ないくせに」

と思ってるのは、

きっと
自分に対して
そう言ってる
んだ。

僕はきっと、
自分のことを
「たいしたことない」
ってまだまだ思ってる。

まいったね(笑)。

さて、どうするか。

この
終わりのない
自分の中の
戦いを

どうやったら
終わらせることが
できるのか。

きっとこのまま
どんなに
成功しても、

僕の中で
この戦いは
ずっと終わらない。

心のキズを
癒さないと、

この葛藤は
解決しないと
思うんだ。

まずは、
彼らに対して、
「あいつら、
すごいなぁ」
と思うことから
はじめてみようと思う。

そうしたら、
自分のことも
「すごいなぁ」
と思えるように
なるかもしれない。

僕にできるのは、
このプロセスを
体験を、

こうして
文章に
綴っていくこと。

そうすることで、

僕の
心のキズが
癒えた時。

以前書いた
本のように

また
あなたの力に
なれるだろう。

(アイキャッチはこちらの映画から)

はじまりのうた BEGIN AGAIN(字幕版)
(2016-02-10)
売り上げランキング: 2,957

無料メルマガやってるよー

平日毎朝、
サクッと読める
メルマガが届くよ。

登録は以下からどうぞ

ワークショップ情報

9/27(金)
19時〜21時

30日間無料お試し!セミナー動画見放題のオンライン会員募集中!

オンライン会員になることで、
過去のセミナー動画が
見放題。

30日間は実質無料
利用できるよ。

くわしくは、こちら↓

個人セッションのお申しこみはこちらから

平日18時以降、
都内でやってるよー。

遠方にお住まいの方でも、
オンラインで対応可。

人生変わるから、
是非受けに来てね!

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

無料メルマガ

滝川 徹のメルマガへの登録は以下からどうぞ

この記事を書いた人

滝川 徹

滝川 徹

東証一部上場の大手金融機関で「残業ゼロ」を2016年から実践し、セミナー講師としても活動する会社員。

自分らしく生きる生き方を実践し、教えています。

最近はプールで泳ぐ、ギターを弾くことが楽しみ。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告