仕事のスピードを
上げるコツは、

上司に相談せずに
自分で決める習慣を
作ることです。

たしかに
上司や同僚に相談して、
仕事を進めていけば
ミスはしにくくなります。

しかし、

こうした仕事の
スタイルの問題点は、

他人に
相談すればするほど、

他人に相談する時間と
ムダな仕事が
増えることです。

仕事のスピードは
落ちるばかり。

これでは残業ゼロなど
実現するわけがありません。

仕事のスピードを
上げるには、

自分で決めて、
どんどん仕事を
進めていくことなのです。

広告

どこまで自分で決めていいか見極める

そうは言っても、
ミスが怖い。

あなたの気持ちは
わかります。

事実、

僕もこれまで
たくさんの失敗を
してきました。

入社3年目から、
自分で決めるスタイルを
スタートしていたからです。

3年目から
部下を持っていた僕は、

たくさんのことを
自分で決めて、
仕事を進めていきました。

その結果、

後から上司に
軌道修正を
余儀なくされ、

「やりなおし」により,
自分はもちろん、
部下に迷惑をかけることも
多々ありました。

当時はただのイタいやつでした。

しかし、
失敗の数が伊達ではない
ワタクシは、

今ではほとんど
判断ミスをすることが
なくなりました。

たくさんの失敗から
学んだコツは、

その仕事を
失敗した時に、

「誰に迷惑をかけるかを
考える」

ことでした。

仕事を自分で決めていい時、悪い時

仕事の判断に迷った時、

その仕事の判断を
間違えた時のことを
想像するのです。

間違えた時、
上司に謝れば
すむ問題であれば、

自分で決めて
しまいましょう。

もし間違えた時は、
「ごめんなさい」で
すむからです。

極端な例をあげましょう。

たとえば、

社内の勉強会で
「参加者の人数分の
弁当を買ってこい」と

上司から
指示されたとします。

その時、
いくらの弁当にするのか。
どの弁当にするのか。
迷いますよね。

これを上司に
いちいち確認しにいくと、

相談する時間が
発生するのと、

「部長の好みを
確認してこい」などと
余計な(笑)
指示をもらうことになります。

僕なら、
こんな時は
自分で全部
決めてしまいます。

もし万が一、
失敗しても。
謝ればすむからです。
ダメージが少ない。

一方で、
ダメージがでかい時は
自分では
決めてはいけない時です。

大きなリスクは取ってはいけない

こちらも、
極端なケースを。

たとえば、
30名で封筒に
書類を詰める作業を
するとします。

書類は4枚あり、
順番通り
並べなければなりません。

ここで判断に迷った場合は
上司に確認すべきなのです。

なぜなら、
この判断を間違って
作業を進めてしまうと、

30人全員の作業が
やり直しになる。

これは大ダメージですよね。

こういう場合は、
自分で決めてしまっては
いけないのです。

まとめ

仕事のスピードを
上げるコツは、

自分の判断で
どんどん仕事を
進めていくことです。

そのほうが
仕事もおもしろくなるし、

圧倒的に仕事が
早くなります。

大切なことは、
どこまでなら
自分で決めていいか。

そこを見極めること。

その分かれ目は、

自分で判断して
判断ミスをした時の
「ダメージの大きさ」で
決まります。

ダメージが
そう大きくなく、

リスクの取れる範囲なら
どんどん自分で決めていく。

これが仕事のスピードを
上げるコツです。

以下の記事と本も
参考にしてみてください。

どんどん決めて、どんどん動け! - 吉越流「即断即決、即実行」のすすめ
吉越 浩一郎
実業之日本社
売り上げランキング: 200,936

以下のセミナー動画も
参考に。

30分ほど、
無料で視聴できます。

滝川より

無料メルマガやってます!

平日毎朝、気軽に読めるお手紙が
あなたの元に届きます。

登録は以下からどうぞ

【限定6名の募集】4月から、自分らしい生き方を取り戻す『お稽古』 はじめます!

1年かけて、
毎月継続して学ぶ場
「スタオバプログラム」

ワークショップ情報

●3/20(水)
19時〜21時

●3/27(水)
19時〜21時

セミナー動画も提供してます!

個人セッションのお申しこみはこちらから

平日18時以降、
都内でお受けしてます。

遠方にお住まいの方でも、
オンラインで対応可能です。

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

無料メルマガ

滝川 徹のメルマガへの登録は以下からどうぞ

この記事を書いた人

滝川 徹

滝川 徹

「今から人生を楽しむ生き方」
を伝える会社員。

東証一部上場の大手金融機関で
「残業ゼロ」を2016年から実践。

個人事業主として
セミナー、
執筆活動も行ってます。

最近は曲を作るためにギターに邁進中!
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告