長時間労働から「残業ゼロ」に変わるためのタスク管理システムの概要–時間から自由になる生き方を見つける方法

前回の記事では、タスクリストを作ることで仕事の優先順位がつけやすくなると言う話をしました。

その理由は、タスク管理ツールであるタスクシュートには「予定終了時刻」があり、タスクリスト通り仕事に取り組んでいったら「何時に仕事が終わるよ」とすぐにわかるように表示がされているからです。

上司に「これ、お願い」と言われた時に、その仕事に20分取り組んでしまったら予定終了時刻が20分伸びてしまうわけです。

そのことから、「今日残業せずに帰るためには今この仕事をやっている場合ではない」とすぐに仕事の優先順位を判断できる。

これがタスクシュートを使ってタスク管理をするメリットだという話を書きました。

先日書いた記事はこちら。

今日からは実際に僕がタスク管理をどんなふうにやっているのか。具体的に説明していきたいと思います。

広告


まずは僕のタスク管理システムの全体像をザッと概要を説明し、明日以降細かい説明をしていきたいと思います。

まず、以下の画像をご覧ください。

これが、僕のタスク管理システムの全体図です。

まず、文字通り全てのタスクを「Toodledo」というタスク管理ツールにいれています。

そして毎朝、Toodledoからその日1日にやる仕事のみ、「TaskChute2」というタスク管理ツールに抜きだすのです。

イメージでいうと、以下のような感じです。

UNOのカード1枚を1つのタスクだと思ってください。

簡単にいうと、Toodledo(上の図の左下の画像)には全てのタスクがごちゃまぜで入っています。

その中から、「今日どのタスクをやろうかな」とカードを選んで、TaskChute2(上の図の右下の画像イメージ)に反映させる。

これがタスク管理で普段やっていることです。

こう書くと、そんなにむずかしいことをやっているように見えないですよね。

そうなんです。

タスク管理ツールの画面をみると、「むずしそう、、」というイメージをもってしまうだけで。

実際には、タスク管理ってそんなに複雑なことはやっていません。

今日は一旦ここまでにして、明日以降タスク管理ツールの画面をお見せしながら実際の画面を紹介していくことにします。

ということで、参考にしてほしい!!!

無料メルマガ、やってます!

平日毎朝、ブログに書かない話を中心に、毎日あなたにメールをお届け。

セミナー情報も随時お知らせします。

「役に立つ」ととても好評なので、ぜひ登録ください。もちろん、無料です!

登録は以下からどうぞ

セミナー情報

講座はこちら

とってもお得に学べる「オンライン会員」募集中

毎月開催するオンラインセミナー、30本以上僕の過去のセミナー動画が見放題。しかも、いつでも僕に質問し放題という、とってもお得なサービス。

しかも、30日間は実質無料でお試し可能。

まずは試してみてほしい。きっとあなたの役に立つ。

個人セッションのご依頼

平日18時以降、都内で開催。

遠方にお住まいの方でも、オンラインで対応可。

詳細とお申し込みはこちらから。

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

無料メルマガ

滝川 徹のメルマガへの登録は以下からどうぞ

この記事を書いた人

滝川 徹

滝川 徹

東証一部上場の大手金融機関で長時間労働から「残業ゼロ」へ変わった現役会社員。出版後、年間30回以上セミナーを開催する個人事業主としても活動している。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告