仕事の先送りを防ぐコツは、「タスクに着手するタイミング」にある–時間から自由になる生き方を見つける方法

先日の記事では、仕事の計画を作る時に1日を2時間毎に区切ることをオススメしました。

タスク管理では「セクション」と呼ばれる概念です。

9時〜17時まで8時間仕事をするのであれば、8時間を2時間毎に分けて考える。

それぞれの2時間でどんなタスクをこなしていくのかを考えた方が、計画を立てやすいという話を書きました。

その記事はこちらです。

今日はもう一つ。仕事の計画を立てる時に大切な考え方をお伝えしましょう。

それは、脳のエネルギーが豊富な早い時間帯、つまり午前中にできるだけ頭を使うタスクを入れることです。

広告


理由は簡単で、脳のエネルギーは時間の経過とともに消耗されていくからです。

イメージでいうと、朝起きてからそれは始まっています。

顔を洗ったり、何か考えたりすることでも当然脳を使っていますから、起床直後からどんどん脳のエネルギーは消費されていくのです。

たとえて言うなら、お風呂の湯船が満杯になっているのが起床直後です。

朝目覚めた時から、バスタブの栓が抜かれます。時間の経過とともに、どんどん水がなくなっていく。そんなイメージです。

そしてさらにいうと、頭を使うことに取り組むと、さらに脳のエネルギーを消耗します。

たとえば、朝ブログの記事をこうして書けば、ただボーッと時間を過ごすよりも脳のエネルギーを消耗するわけです。

もう一つ、脳のエネルギーの話で重要なことがあります。

それは、脳のエネルギーが枯渇すると、タスクを先送りしやすくなるということです。

たとえば僕自身、夜の21時にブログを書こうとしたら「翌日でいいや」と先送りしてしまうことでしょう。これは当たり前で、夜の21時には疲れきっているからです。

脳のエネルギーもカツカツで、意欲、意思力もほとんどないわけです。こんな時間帯に労力を使うことに取り組むのは現実的に困難ということになるわけです。

逆にいうと、何かに確実に取り組みたいなら、朝一番に取り組むということです。

朝一番は、脳のエネルギーが豊富にあります。この時に何かをしようと思えば、先送りされる可能性は低くなります。

少なくともこの時間帯に取り組めないのであれば、理論的には1日のうちに取り組める時間帯は他にないということになります。

たとえば、ブログを毎日書くという習慣を作りたいなら、できれば朝起床直後、少なくとも一番はじめにやることにすることです。

僕自身も会社に出勤する前に毎朝ブログを書くようにしています。そうすることで、毎日こうして継続して書くことができているわけです。

つまり、たとえば1日の仕事の計画を立てるなら。早いセクションにできるだけ重いタスクをもってくるということです。

企画書を作ったりするような頭を使うタスクだったり、「やりたくないなぁ」と気が進まないタスクに確実に手をつけたいなら。

9時〜11時の間にできるだけそれらに取り組むようにするのです。

とにかく、脳のエネルギーが豊富な時間帯にできるだけ重いタスクをもってくる。

このことを意識するだけでも、仕事がどんどん前に進むようになるはずです。

明日以降、今日の記事を前提にセクションでのタスクの作り方をもう少し説明していきます。

タスク管理に興味が湧いた方は以下のセミナー受けにきてください。

ということで、参考にしてほしい!!!

無料メルマガ、やってます!

平日毎朝、ブログに書かない話を中心に、毎日あなたにメールをお届け。

セミナー情報も随時お知らせします。

「役に立つ」ととても好評なので、ぜひ登録ください。もちろん、無料です!

登録は以下からどうぞ

セミナー情報

講座はこちら

とってもお得に学べる「オンライン会員」募集中

毎月開催するオンラインセミナー、30本以上僕の過去のセミナー動画が見放題。しかも、いつでも僕に質問し放題という、とってもお得なサービス。

しかも、30日間は実質無料でお試し可能。

まずは試してみてほしい。きっとあなたの役に立つ。

個人セッションのご依頼

平日18時以降、都内で開催。

遠方にお住まいの方でも、オンラインで対応可。

詳細とお申し込みはこちらから。

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

無料メルマガ

滝川 徹のメルマガへの登録は以下からどうぞ

この記事を書いた人

滝川 徹

滝川 徹

東証一部上場の大手金融機関で長時間労働から「残業ゼロ」へ変わった現役会社員。出版後、年間30回以上セミナーを開催する個人事業主としても活動している。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告