仕事で「明日できることは今日やるな」が正しい理由と、具体的な実践法-「マニャーナの法則」で、仕事を予定通り終わらせる。

仕事では、「明日できることは今日やるな」が正解だ。

たとえば、今日。上司や同僚から仕事を依頼されたとする。

気になるからといって、その仕事にすぐにとりかかってはいけない。

今日受けた仕事は、よほど緊急な時は除いて、明日以降に着手すべきなのだ。

なぜかって?理由は、かんたん。

僕達は「見えてない」だけで、すでに今日やらなければならないタスクで、いっぱいいっぱいだからだ。

そんな中、今日あらたに発生したタスクに時間を使うと。単純にその分、残業しなければならなくなる。

たとえば今日受けた仕事に30分時間を使うとすると。

①30分、別の仕事をあきらめるか。

それとも、

②30分、残業するのか。

どちらかを選ぶことになる。

「明日できることは今日やるな」。タスク管理をしていると、このことが痛いほどよくわかる。

今日はタスク管理でやっていることをもとに、このことをわかりやすく説明していこう。

今日も早速いってみよう!!!

広告

タスク管理ツールで、「予定終了時刻」を把握する

タスク管理では、仕事をはじめる前にタスク管理ツールを使ってタスクリストを作る。

「A社のレポート作成・・20分」という感じで、タスク毎に所要時間の見積(見積時間)を設定する。

以下は、タスクシュートでタスクリストを作った時のイメージだ(ぜひ画像を拡大して見てほしい)。

18時に退社したいなら。18時に仕事が終わるように、タスクリストを作る。

タスク管理ツールのタスクシュートなら。タスクリストに書かれた全てのタスクを、予定通り終えたら何時に仕事が終わるか。

「予定終了時間」を計算する機能がある。以下の画面の右上が「予定終了時刻」の表示だ。

18時に帰りたいなら、タスクシュートの「予定終了時刻」は18時になっていなければならないということになる。

今回は9時に仕事をスタートし、予定終了時刻を18時に設定した前提で。

今日のテーマ「明日できることは今日やるな」について考えてみよう。

迫られる、二つの選択。

9時の始業ベルが鳴る。

早速、上司が仕事を依頼してきたとする。30分くらいかかるタスクだとしよう。

今、このタスクに30分とりかかったら、タスクリストの「予定終了時刻」はどうなるか。

考えてみてほしい。

単純に30分、新しいタスクがタスクリストに追加される。そうすると、「予定終了時刻」は18:30になる。

ここで、あなたは次の2つの選択を迫られることに気がついてほしい。

  • 18時に帰る予定だったが、18:30まで残業する。
  • 今日やろうと思っていた別のタスクを30分あきらめる。

そう。

今日発生した仕事に30分時間を使うということは、①30分多く働くか、②別の仕事を30分あきらめるか。

この二つの選択を強いられることになる。

このことに気がつくことができないと、いつまでも「仕事が予定通り終わらない」ということになる。

「今日受けた仕事は、明日以降に回す」が正解

だからこそ、今日受けた仕事は、明日以降に回す。これを徹底すべきなのだ。

これは、「マニャーナの法則」とも呼ばれる。

やることはシンプル。今日受けた仕事は、全て明日以降に着手する。

それだけだ。

そうするだけで、あなたは予定通り仕事を進めていけるようになる。

まとめ

僕達が使える時間は限られている。

仕事においてあらたに30分時間を使うということは、①30分働く時間を増やすか、①30分別の仕事をあきらめるか。

このいずれかを選択することになる。

残念なことに、普段僕達はこの当たり前の事実に気がついていない。

なぜなら、それが「見えない」からだ。

タスク管理をして、タスクリストを作っていれば、このことが目の前で明らかになる。

だから、「今日受けた仕事は明日に回すべきだ」と冷静な判断をすることができる。

「マニャーナの法則」が、予定通り仕事を進めるために極めて大切だということがわかる。

今日受けた仕事は、明日以降に取り組む。

ぜひ今日から実践してほしい。

ということで、参考にしてほしい!!!

4月からはじまる継続型のタスク管理勉強会はこちら

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

内資トップの大手金融機関で長時間労働から「残業ゼロ」へ変わった現役会社員。出版後、会社員として働きながら、2018年の順天堂大学での講義をはじめ、年間30回以上セミナーを開催する個人事業主としても活動中。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告