月曜日から熊本に出張できており、来週まで滞在する予定です。

普段僕はTaskChuteというタスク管理ツールを使って毎朝タスクリストを作ってから仕事をはじめます。

しかし短期の出張なのでタスクリストを作らずに業務を久しぶりにやってみたところ、ものすごいストレスを感じました。

タスクリストを作るのと作らないのではこんなに仕事のやり方が違うのか。タスク管理を始めた頃の感覚を久しぶりに感じたような気がします。

一番のストレスは「仕事を覚えておくこと」に脳のエネルギーを使うこと

タスクリストを作って仕事をする時、僕の仕事のやり方はシンプルです。タスクリストにのっているタスクを上から順番にこなしていくだけです。

しかしタスクリストがないとどうなるか。例えば15時に電話をしないといけない場合、それを自分の脳みそで覚えておかないといけないわけです。

これはタスクリストにそって仕事をしていない人からすれば当たり前かもしれませんが、普段タスクリストに頼って仕事をしている僕にはとてつもないストレスになります。

タスクリストを使っていれば、「15時に電話する」というタスクがタスクリストにのっているので、僕はそのことを覚えておく必要はなくなるわけです。

頭がクリアになるので、目の前のタスクに集中することができます。小さいことかもしれませんが、目の前の仕事に集中するとはそういうことです。

目の前のタスクに取り組む時に、「15時に電話をしなければ」と思っていると、目の前の仕事に完全に集中することはできません。

そして1日に何本も電話をしなければならない場合、このタスクを覚えておくことがどれだけストレスになるのか。そしてどれだけ目の前のタスクに取り組む集中力を奪うのか。

これはタスクリストを使って仕事をしている身としては、耐え難い状態なわけです。

頭をクリアにするために「覚えておかなければならないこと」を脳の外におく

僕達の脳は、何かを覚えておくだけでも脳のエネルギーを消費します。

目の前の仕事に完全に集中するためには、こうした「覚えておかなければいけないこと」を脳の外に出すのが最も効果的です。

それがタスクリストの役割です。タスクリストに書き出すことで、脳は安心してそのタスクを忘れることができるのです。

そうして頭がクリアになることで、僕達は目の前の仕事に集中することができるようになります。

タスクリストを使って仕事をしていない人は無意識にこうして脳のエネルギーを消費しているのです。

タスクリストを使い始めるだけでどれだけ仕事がストレスフリーになるか。是非実感してほしいと思う理由がここにあるわけです。

あなたにオススメ

クラウド時代のタスク管理の技術
東洋経済新報社 (2013-05-02)
売り上げランキング: 2,747
忘れないで
忘れないで

posted with amazlet at 16.08.18
山下達郎
ワーナーミュージック・ジャパン (2004-08-04)
売り上げランキング: 80,572

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

Amazonへ見にいく

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

滝川 徹

滝川 徹

東証一部上場の大手金融機関で、「残業ゼロ」を実践。時間管理をはじめ、ワークショップを開催する個人事業主。

2018年5月に順天堂大学で「時間管理」で登壇。「シゴタノ!」の非常勤講師。
詳しくはこちらをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします