40歳を目前にして感じる「人生の短さ」について

やぁ、みんな!

僕は今年の11月にいよいよ40歳になるが、「もう人生の約半分を終えてしまったのか!」と思うと、「ほんと人生あっという間だな!」とあらためて思う。

君も知っての通り、「ここまでの人生」は過ぎてさえしまえば、あっという間だ。

この「あっという間」がもう1回しかない(まぁ、運が良ければもう少し時間はもらえるかもしれないが)と思うと、人生の短さを痛感せざるを得なくなる。

ここまで来た道のりを、「後1回」経験したら人生が終わってしまう。

この感覚は20代はもちろん、30代もあまり実感がわかなかった感覚だ。

「40」という数字に重みがあるのだろうか。

数年前と比べて今の自分が特別「歳をとった」という感覚はないものの。急に時間の重みというか、残り時間の短さを実感するようになった。

広告

愛する人達と過ごせる残された時間の短さについて

そうして人生の短さを実感するようになり、今僕は何を思うのか。

それはあらためて、自分が大切で、愛する人達との残された時間の短さについてだ。

先日記事にも書いたが、特に自分の子供達との時間、両親や親族、青春時代を共に過ごした友人達と過ごせる時間の9割近くを僕は消費してしまった。

そういう観点では、たとえあと40年近く生きるとしても。この人達と過ごせる時間というのはほとんどないことになる。

妻と過ごす時間は、(妻さえ許してくれればだが)先程書いた人達よりは残されているだろう。それでも、「あっという間」ほどの時間しかないのだ。

しかもそれは僕と妻が順調に80歳くらいまで生きたらの話だ。

(考えたくはないが)もし僕か妻がもっと早く別の世界に行くことがあるとしたら。一緒にいられる時間というのはもっと少なくなる。

この世を去る時はきっと「思い出」をふりかえる

最近、この世を去る時に、「自分はその時にはたしてどんなことを思うのだろうか」と考える。

きっと死ぬ直前は、人生の思い出をふりかえるのではないだろうか。

そしてその思い出とは、きっと愛する人達と過ごした時間だと僕は思うのだ。

愛する人達とあんなことをしたな。こんなことをしたな。楽しかったな。

いついつの頃はけっこう苦労もしたけど、それもそれでいい思い出だったな。

そんな感じで。

一緒に過ごした人達との時間を思い出し、僕達は静かに別の世界へと飛び立つのではないだろうか。

僕はそんな気がしてならない。

これからより強く意識して生きていくこと

残された時間もいよいよ短くなってきた。

愛する人達と過ごす時間をより強く意識しながら、これからも人生を楽しみながら生きていきたい。

この前散歩をしながら、そんなことをあらためて考えていたんだ。

最高のPodcast「現役会社員が教える『一生時間に困らない生き方』」をチェックしよう!

エピソードはApple PodcastSpotifyのいずれでも聴ける。

楽しんで!!!

今日も最後まで読んでくれてありがとう!ぜひ君の感想を聞かせてほしい!

この記事の感想、フィードバックがあったらぜひ教えてほしい。

それが僕のブログを書き続ける、励みになる(ようするに、励ましてほしいんだ。察してほしい)。

「次はこんなテーマで書いてほしい」というリクエストも、いつでも大歓迎だ。

感想やリクエストは、僕が見つけられるように、Twitterで@dream4luckと入れて、ツイートの終わりに「#いつでもスタオバ」といれてほしい。

返事は必ずしもできないかもしれないが(できるだけするつもりだ)、全てのメッセージに目を通すようにはしている。

君からのメッセージを楽しみにしている。

それではみんな、Have a nice day!!!

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

1982年東京生まれ。

慶應義塾大学卒業後、内資トップの大手金融機関に勤務。長時間労働に悩んだことをきっかけに独学でタスク管理を習得、2016年には「残業ゼロ」の働き方を達成し、およそ7時間の自由時間の創出に成功する。

その体験を出版した「気持ちが楽になる働き方 33歳大企業サラリーマン、長時間労働をやめる。(金風舎)」はAmazon1位2部門を獲得。その後講演やセミナー活動を中心に個人事業主としても活動をスタート。2018年には順天堂大学で時間管理をテーマに講演を行うなど、月4時間だけ働くスタイルで個人事業で4年間で500万円の収入を得る。

あわせて読みたい

広告