一つのことに執着しているから、うまくいかない-複数の軸を持つことで、執着を手放す方法

あなたは一つのことに執着しすぎていないだろうか。

仕事、スポーツ、恋愛、結婚、などなど。

それでうまくいっているなら、それでいいかもしれない。でももし、今あなたがうまくいっていないなら。

それはなぜだろうか。

がんばりが足りないから?才能がないから?あなたに魅力がないから?

そうかもしれない。でもそうではないかもしれない。

僕の経験から、少しこの点について考えてみようと思う。

さあ、今日も早速いってみよう!!!

広告

一つに執着するから、うまくいかない

何か一つのことに一生懸命取り組むことはいいことだ。それ自体を僕は否定するつもりはない。

しかしそれに執着するとなると、話は変わってくる。

執着するのがなぜよくないのか。

それはあなたが自然体でなくなることだ。

執着している状態とは、不安からがんばりすぎていたり、力が入りすぎていたり、とにかく不自然な状態。

そんな状態では、そのことをがんばっていてもうまくいかないことが多い。

うまくいっているように見えても、あなたはストレスと疲労で身も心もボロボロのはずだ。

なぜ執着していると、うまくいかないのか。

例えばテニスの場合。緊張して体に力を入れすぎていると、逆にパフォーマンスは下がる。

結婚することに執着していると、自然体でいられなくなるから、その人の魅力がうまく相手に伝わらない。

そう。何かに執着することは、どんな形であれ、あなたの人生の豊かさを奪うのだ。

だからこそ、執着は手放したほうがいい。

執着を手放すには、複数の軸を持つこと

執着を手放す方法はいくつかあるが、一つオススメなのは自分の中で複数の軸を持っておくことだ。

例えば仕事に執着している人は、家庭との時間を大切にしてみる。ブログなどの夢中になれる趣味を持つ。

仕事とは別で、何か夢中になれるものを見つけてみる。

そう。何かに執着している人は、他のことに夢中になることで、ようやく今執着していることを手放せるようになる。

そうして仕事に執着しなくなり、あなたが自然体になっていくと。逆に仕事は上手く回り出す。あなたの人生もうまく回り出す。

だからこそ、複数の軸を持っておくことは人生を豊かに生きるためには必要なのだ。

まとめ

世の中には何か一つのことに執着している人が多い。仕事、スポーツ、恋愛、お金、名誉。

何かに夢中になることと、執着することとは全く違う。その原動力は「好き」か、「不安」かで全く違うのだ。

夢中とは、「好き」が原動力。執着は何かを失いたくないという「不安」が原動力なのだ。

不安が原動力の執着の状態では、あなたは自然体ではない。だからこそ、表面上問題がなさそうでも、その人の人生は「何かしっくりこない」状態となる。

そう。満たされないのだ。

満たされるためには、様々な執着を手放す必要がある。特に今あなたが一つのことだけに執着しているのであれば。

何か他に夢中になれることを探そう。今まで家庭に時間を費やせなかった人はまず家族と過ごす時間を増やすことからはじめてもいい。

今執着していること以外に楽しいこと、大切にしたいものがあらわれれば、あなたの執着はなくなっていく。

そうすれば、あなたは自然体となり、本来の自分をとり戻していく。自然体のあなたこそが、一番いいのだ。

きっと「しっくりこない」と嘆いていたあなたの人生はいい方向に向かうことになるだろう。

ということで、参考にしてほしい!!!

昔テニスと仕事に執着してた いつでもスタオバより

今日のメッセージ

一つのことに執着している人は、他に夢中になれることを探そう!

こちらのエントリーもいかがでしょう

あなたにオススメ

一生お金に困らない生き方
心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 1,854
マンガでわかる 非常識な成功法則
神田 昌典
ぶんか社
売り上げランキング: 1,257
心屋塾BeトレDVD vol.21 「執着を手放す」
心屋仁之助

売り上げランキング: 524,971

いつでもスタオバってどんな人

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック