僕は今のインプットが少ない生活にとても満足している。

最近めっきり本を読まなくなった。

というか、今の僕は日常のインプット自体が非常に少なくなっている。

インプットしてるのは、勝間和代さんのメルマガとTwitterやFacebookくらい。

Twitterもフォローしてる人数は20人くらいだし、Facebookも見るフィードを厳選してる。

それでも重要なニュースは目に入ってくるし、日常生活に全く支障はない。

僕は今のインプットが少ない生活にとても満足している。

インプットを減らすことで、自分と向き合う「空白の時間」が増えたことが最大の喜びだ。

広告


昔の僕は、暇さえあればスマホでインプットしていた。

スマホにはKindleもあるから、いつでも読書することもできた。

しかしそうしてインプットばかりしていると、「空白の時間」がなくなってしまう。

人には空白の時間が必要だ。

ボーッとして、いろんなことを考える時間。

この時間がないと、人はイライラしてストレスがたまってしまう。

昔の僕はこうした時間を気づかずに失っていて、今思えばいつもカリカリしていた気がする。

他にも僕がインプットを減らした理由がある。

それは「インプットすればするほど良い」という常識に疑問を感じるようになったからだ。

僕自身、昔は「インプットすればするほど自分が成長する」と思っていた。

たとえば本を読んで知識を身につければ身につけるほど、成長して成功できると思っていた。

しかし今の僕は、そう思わなくなった。

人生で大切なことは自分をよく知ることであり、それは読書からではなく自分と向き合う内省の時間によって得られるものだと思うようになった。

そう。まさに必要なのは「空白の時間」なのだ。

そう思うようになり、僕は意識してインプットの時間を減らすようになっていった。

もう一つ、インプットを減らした理由がある。

それは、自分なりに知りたかった「真理」がわかったから。

昔から僕は、「どうしたら人は幸せに生きられるのだろう」ということを知りたかった。

その答えを知るために、読書をはじめとしたインプットに励んできた。

そしてようやくここ数年で、自分なりの「答え」を導き出すことができた。

そうして「答え」がわかってしまったら、必然的に「インプットしたい」という熱はなくなっていった。

自分が知りたかったことがわかってしまったのだから、当然だ。

インプットすること自体に興味がなくなってしまった。

興味がないから、インプットしなくなった。

それが僕がインプットをやめたもう一つの理由だ。

誤解してほしくないのが、「インプットがよくない」と単純に捉えないでほしい。

たとえば知りたいことがあるなら、どんどんそのことについて調べてインプットすればいいと思う。

「ただなんとなくインプットする」ことが「よくない」と僕は考えているだけだ。

インプットするなら、目的をもってすること。

「空白の時間」もきちんと確保すること。

それが、ゆとりをもって豊かに生きていくコツだと思うよ。

無料メルマガ、やってます!

平日毎朝、ブログに書かない話を中心に、毎日あなたにメールをお届け。

セミナー情報も随時お知らせします。

「役に立つ」ととても好評なので、ぜひ登録ください。もちろん、無料です!

登録は以下からどうぞ

セミナー情報

講座はこちら

とってもお得に学べる「オンライン会員」募集中

毎月開催するオンラインセミナー、30本以上僕の過去のセミナー動画が見放題。しかも、いつでも僕に質問し放題という、とってもお得なサービス。

しかも、30日間は実質無料でお試し可能。

まずは試してみてほしい。きっとあなたの役に立つ。

個人セッションのご依頼

平日18時以降、都内で開催。

遠方にお住まいの方でも、オンラインで対応可。

詳細とお申し込みはこちらから。

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

無料メルマガ

滝川 徹のメルマガへの登録は以下からどうぞ

この記事を書いた人

滝川 徹

滝川 徹

東証一部上場の大手金融機関で長時間労働から「残業ゼロ」へ変わった現役会社員。出版後、年間30回以上セミナーを開催する個人事業主としても活動している。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告