妻に「いつもありがとう」の一言がなぜか言えない。なので、なんの脈略もなく妻に言ってみることにした。

最近、自分が妻に「いつもありがとう」の一言が言えないことに気がついた。

感謝の気持ちがないからじゃない(そのはず)。心の中では「いつもありがとう」と思っている。

でも、それを口に出そうとすると。なぜか自分の中で抵抗が生まれるのだ。

これは一体どういうことなのだろうか。

広告

なかなか闇が深かった

僕が他人にお礼を言えない人間なのだろうか。いやいや、そんなことはない。

たとえば友人であったり、会社の同僚に対しては「いつもサンキューな!」などとシレッと言うことができる。このことからも、僕は他人にお礼を言えない人間ではないはずだ。

僕はいわゆる「九州男児」なのだろうか。それも違う(と思う)。むしろ恐妻家だと自負している(そしておそらくこれはまちがいがない)。

にもかかわらず、なぜ身近な妻に対して(しかも本来一番その言葉を伝えなければいけない人なのに)その一言が言えないのか。

僕は考えこんでしまった。

昨日一日考えてみたが、答えがでない。なかなか闇が深い。

今まで自覚してこなかったが、今の僕の課題はここにあるのかもしれないと思った。

とりあえず「言ってみる」ことに

課題だと知ると、クリアしたくなる性分だ。

自分の闇の正体はわからないが、こんな時は行動を先に変えてみることが大切なのを、経験上知っている。

ということで、とりあえず「いつもありがとう」となんの脈略もなく妻に言ってみることにした。

そう思ってみたものの。案の定、きっかけが掴めない。時が流れていく。

しかたないので、近くにあった(洗ってあった)自分の水着を手に取り「水着洗ってくれて、いつもありがとう!」と勇気を出して言ってみた(ほんとに脈略ねぇーw)。

妻の反応は「うん」みたいな自然な反応だった。そして僕はなんかしらんけど、ちょっとスッキリとした気持ちになった。

「やってみてよかった」と思った。

けっきょく理由はわからなかったけど

なぜ妻に「いつもありがとう」の一言が言えないのか。この謎は今も解けていない。

でもそんなささいな一言が「言えない」のは、きっと自分の中でそのことに抵抗を感じる何か(課題)があるのだと思う。

その課題はなんなのか、よくわからない。でも、しばらく何かにつけて「いつもありがとう」と感謝の気持ちを小出しにして伝えていけたらいいなと思う。

しばらく続けてみる。また自分の変化をここに報告したいと思う。

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

1982年東京生まれ。
慶應義塾大学卒業後、内資トップの大手金融機関に勤務。長時間労働に悩んだことをきっかけに独学でタスク管理を習得、2016年には「残業ゼロ」の働き方を達成。

その体験を出版した「気持ちが楽になる働き方 33歳大企業サラリーマン、長時間労働をやめる。(金風舎)」はAmazon1位2部門を獲得。

2018年には順天堂大学で時間管理をテーマに講演を行うなど、講演やセミナー活動を中心に個人事業主としても活動している。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告