人のことを批判したり、バカにする人は、同じだけ自分自身を傷つけているという衝撃-自分を大切に扱うために、最も大切なこと。

衝撃的なことに気がついた。

人を批判したり、バカにすればするほど。

僕達は他ならぬ、自分自身を知らぬ間に同じだけ傷つけているという、事実だ。

僕はずいぶん長い間、このことに気がつかず、自分自身をたくさん傷つけてきた気がする。

もっと自分自身を大切に扱えばよかった。

そのために必要なことは、他人の生き方を肯定する、認めてあげることだった。

たとえ自分から見て、他人の行動や生き方が間違っているように思えたとしても。

「お互い、好きに生きたらいいよね」と。

そう、認めてあげたり、肯定してあげられたらいい。

そうすることで、僕達ははじめて。

自分が好きに生きることを、許してあげられるようになる。

自分自身を肯定できるようになる。認めてあげられるようになるのだ。

だから、自分自身のために。

人のことを批判したり、バカにする習慣を捨てよう。

今日は僕の経験から、どうして他人を批判したり、バカにすることが、自分自身を傷つけることにつながるのか。

そのメカニズムをわかりやすく説明したうえで、自分のことを大切に扱うために必要なことについて書こうと思う。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

広告

他人を批判してしまうメカニズム

たとえば職場の同僚に対して、「もっとこうしたらいいのに」と思うことはないだろうか。

正直に告白しよう。僕はメチャメチャある

「もっと効率良く働けばいいのに」とか、「もっと思ったことを堂々と発言すればいいのに」とか、「どうして定時に帰れないのだろう」とか。

しょっちゅう思っている。

全く余計なお世話だし、そんなふうに感じる自分がイヤになる。

でも、この事実をまずは認めないと、はじまらない。

そうして他人を批判している時、僕の中で何が起きているのか。

それは、自分の価値観(たとえば、「こう生きるべきだ」という考え)に照らして、他人の行動をジャッジ(評価)しているのだ。

先程の例で言えば、「効率よく働くべきだ」「堂々と発言するべきだ」などと。

他人に対して「こうするべきだ」と感じている。

これは、僕の中に「こう生きるべきだ」という軸があることを指す。そして、その軸をもとに、他人をジャッジしてることになる。

問題は、この「ジャッジ」が「自分にも返ってくる」ということにある。

大切なので、もう一度

大切な話なので、ここまでの話をもう一度整理しよう。

他人をつい批判したり、バカにしてしまう人には、「こう生きるべきだ」という軸がある。

そして、その軸から外れている他人の行動を見て、「こうすべきだ」と他人をジャッジ(評価、時には批判)している。

たとえば、「人は、堂々と発言をすべきだ」と自分が思っている(軸)。

堂々と発言していない同僚(=自分の軸から外れている)を見ると、「彼(彼女)は堂々と発言すべきだ」とジャッジしてしまう。

問題は、この「軸をもとに、他人をジャッジする」という習慣が、自分に対しても行われるということだ。

ここまでは理解できただろうか?

それでは、次に進もう。

同じように、僕達は自分自身を傷つけてきた

自分に対するジャッジは、無意識に行われるから、タチが悪い。

僕達は、自分自身へのジャッジ、攻撃には気がついていないのだ。

たとえば、「何かをあたらしくはじめよう」と思った時。

ブログを新しくはじめたい。YouTubeをはじめたい。そう思った時。

無意識に、「そんなことやったって、どうせうまくいかない」とか、「たいしたことないくせに」などと、自分をジャッジしてしまう。

別の例をあげると。

時には自分のしてしまった行動をふりかえり、「なんでそんなバカなことをしたんだ」「やっぱり自分はダメだ」などと、自分を強く責めてしまったりもする。

ここまで読んだあなたなら、きっと少し心当たりがあるのではないだろうか。

そうして僕達は、他人を厳しくジャッジする時と同じように。

自分自身をメチャメチャ批判し、バカにしてきたんだ。

本当に自由な人は、人を批判しない

本当に自由に生きている人は、人のことを批判したり、バカにしたりなんてしない。

それは、彼(彼女)らに、「こう生きるべき」という軸(固定観念)がないからだ。

自分自身が、好きに、自由に生きている。

だからこそ、「みんな好きに、自由に生きたらいい」と思っている。

他人がどう生きようが、「好きにしたらいい」と。

あたたかい気持ちで眺めていることは容易に想像できるはずだ。

そこで、僕の提案

他人のことを批判したり、バカにするのはもうやめよう。

他人のことを批判したくなったり、バカにしたくなる気持ちは理解できる。

そうして生まれた感情自体を否定する必要はない。

感情は、自然と感じてしまうものだからだ。

大切なのは、その感情を感じた後の対処だ。

そうした感情があらわれた時、「でも、好きに生きたらいいよね」。

そう言えたらいいと思う。

そうして、他人が好きに生きることを、認める。肯定する。

それができるようになった時。

僕達は自分のことも同じように、認められるようになるだろう。

自分の生き方を、肯定できるようになるだろう。

まとめ

人を批判したり、バカにするのはもうやめよう。

それは、人に対して厳しく接すれば接するほど。僕達は自分に厳しく接することになるからだ。

思い返すと、僕もずいぶん他人にも、自分にも厳しく接してきたように思う。

それも、ほとんどが無意識だった。

もっと自分のことを大切にすればよかった。あらためて今、思う。

もっと他人を、そして自分を愛そう。

そのスタートが、他人が好きに生きることを認めること。肯定することにある。

「みんな、好きに生きたらいいよね」と。

自然とそう思える日がくることを、僕は楽しみにしている。

ということで、参考にしてほしい!!!

人生を変えるきっかけに。4月からはじめる継続型のタスク管理勉強会。

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

東証一部上場の大手金融機関で長時間労働から「残業ゼロ」へ変わった現役会社員。出版後、会社員として働きながら、2018年の順天堂大学での講義をはじめ、年間30回以上セミナーを開催する個人事業主としても活動中。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告