人は妻と言い争う時、決まった「パターン」を繰り返している-妻に怒らなくなる「とっておきの秘密」

人って、怒る時にパターンがある。

たとえば、僕の場合。

妻と言い争いになる時に毎回同じパターンになっていることに気がついた。

僕の場合、妻から責められたように感じると、スイッチが入る。

自分のことがダメな人間に思える。

そんな自分を認めたくなくて、つい感情的になり、言い返してしまうことがわかった。

でも、これが自分のパターンだと気がつくと、妻は「全く悪くない」ことに気がつく。

そう。怒る時って、他人は悪くない。自分が勝手に反応して、怒ってるだけなのだ。

このことに気がつけるようになると、他人と言い争うことも少なくなっていく。

当然、人間関係がよくなる。

今日は僕自身の経験から、どうやって自分の中のパターンに気がつけるようになるのか。

心の仕組みとともに説明していこう。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

広告

人が怒りを感じる仕組み

人が怒ってしまう時。

それは簡単に言うと、自分の中にあるうしろめたい気持ちを他人から「指摘された」と感じる時だ。

たとえば、自分が太ってることを「恥ずかしい」と思っているとする。

その時に、相手から「食べ過ぎじゃない?」などと言われると(他人から見ると過剰に)怒ってしまったりする。

それは、自分が「恥ずかしい」と思ってること、つまり太ってることを指摘されたと自分が「感じる」からだ。

この「感じる」がポイントだ。

自分が勝手に感じているだけであり、相手が別にあなたのことを「デブ」と言ったり、「太ってるあなたは恥ずかしい」と直接的に言ったわけではない。

ただ、「食べ過ぎじゃない?」と言われただけ。

にもかかわらず、そう言われているように感じてしまう。

これは明らかに自分の感じ方に問題があるわけだ。

なぜなら、自分のことを「太っている」と思っていない人や、デブでいることを恥ずかしいと感じない人が他人から「食べ過ぎじゃない?」と言われても、何も感じないはずだからだ。

こうして自分のパターンを知らないと、他人は悪くないのに、こちらが勝手に攻撃的になり、喧嘩をしかけてしまう。

これでは人はどんどん離れていってしまうだろう。

だからこそ、あなたは自分のパターンを知っておいたほうがいいというわけだ。

「ダメ人間」と言われたように感じた僕

自分のパターンを知るためには、自分が反応した時を冷静にふりかえるのが大切だ。

たとえば、先日僕が反応してしまった話をしよう。

先日家族でレストランに行った際、僕だけが少し先にレストランについた。

レストランにつくと、たいして並んでいないように見えた。

レストランにはよくスムーズに店に入れるように名前を書くボードがあるが、この時はすぐにどこにあるか見つからなかった。

でも、たいして人も並んでいるように見えなかったので、「ま、いいや」と思って名前を書かずにいた。

その後妻が到着し、「(ボードに)名前書いた?」と言われて、僕の中でスイッチが入ってしまった。

そう。反応してしまったのだ。

「家族がすぐに店に入れるようにボードを探す努力をするべきだった」

きっと自分の中でそう感じたのだと思う。

で、それをできなかった自分を恥ずかしく感じた。自分がダメな人間に思えた。

そんな自分を認めたくなかったのだろう。僕は必死に自分を正当化しはじめた。

なんて言い返したのか。正直覚えていない。

でも苦しい言い訳をして、妻から言い返され、僕はプンスカ怒ってしまったのだ。

あなたもおわかりの通り、このケースで妻は全く悪くない。

ただ、ボードに名前を書いたのかどうか、聞いただけだ。

にもかかわらず、うしろめたい気持ちがあると自分が責められたように感じ、こうして人は勝手に怒ってしまう。

このパターンを抜け出すには、自分が自分のことをどう思っているのか。

それを知ることがスタートになる。

たとえば、最初に書いたデブの話では、「デブでいる自分が恥ずかしい」と思っていると、デブ関連の話で反応してしまう。

僕の場合は、自分のことを「他人にきちんと配慮できない自分は恥ずかしい」と思っているのだろう。

だから「(ボードに)名前書いた?」と言われただけで、「他人に配慮できない人間=ダメ人間」と自分が言われたように感じたということになる。

自分が自分のことをどう感じているか、知るヒント。

それはここまで書いてきたように、怒りを感じた時に「自分がどう感じるか」を深掘りすることにある。

まとめ

怒りを感じた時、実は大抵のケースは他人は悪くない。

あなたが勝手に反応していることがほとんどなのだ。

自分自身が「恥ずかしい」と感じていること。それを指摘されたように感じた時、あなたはそれを必死に隠そうと、怒りを感じてしまう。

自分が怒りを感じるパターンを知ること。

そうすると、同じ出来事が起きても、「あ、自分のパターンだ」と冷静に対処できるようになる。

妻と喧嘩もなくなり、家庭円満になるというわけだ。

ということで、参考にしてほしい!!!

「残業ゼロ」に一歩近くメルマガ、やってるよ!

平日毎朝、ブログに書かない話を中心に、毎日あなたにメールをお届け。

セミナー情報も随時お知らせします。

「役に立つ」ととても好評なので、ぜひ登録ください。もちろん、無料です!

登録は以下からどうぞ

セミナー情報

● 6/17(水)19時〜21時

2時間でiPhoneが「秘書」になる、タスク管理入門講座

その他の講座はこちら

とってもお得に学べる「オンライン会員」募集中

毎月開催するオンラインセミナー、30本以上僕の過去のセミナー動画が見放題。しかも、いつでも僕に質問し放題という、とってもお得なサービス。

しかも、30日間は実質無料でお試し可能。

まずは試してみてほしい。きっとあなたの役に立つ。

個人セッションのご依頼

平日18時以降、都内で開催。

遠方にお住まいの方でも、オンラインで対応可。

詳細とお申し込みはこちらから。

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

無料メルマガ

滝川 徹のメルマガへの登録は以下からどうぞ

この記事を書いた人

滝川 徹

滝川 徹

東証一部上場の大手金融機関で長時間労働から「残業ゼロ」へ変わった現役会社員。出版後、年間30回以上セミナーを開催する個人事業主としても活動している。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告