がんばることは「悪いこと」だと思っていた

昔は「がんばることは悪いこと」だと思っていた時期もありました。今はがんばることは「いいこと」だと思っています。

問題は、がんばること自体にあるのではなく、「どうがんばるか」だと思うのです。

広告


たとえば、昔長時間労働で苦しんでいた時期は、自分がやりたくない仕事もたくさんしていました。

また、自分自身が膨大な仕事量に溺れそうになっている中、謎の責任感(義務感)で、自分がやらなくてもいいような仕事までがんばって引き受けていたのです。

これが、よくない「がんばる」のパターンです。

自分の気持ちが「やりたくない」と思ってる中、ムリしてそれをやっていると「犠牲になってる感」が生まれます。

ストレスがたまり、まわりに対して「どうして助けてくれないんだ」と恨みをもつようにすら、なっていくのです。

それでは、よい「がんばる」パターンは、どんな感じなのでしょう。

それは、「自分の意思で」がんばってる時です。

たとえば、自分が好きな仕事、得意な仕事を一生懸命がんばる。

あるいは、同僚が忙しくて困ってる中、義務感からではなく、「助けたい」という自分の意思で同僚の仕事を助けてあげる。

こうしたがんばりは、忙しくても充実感があります。

世のため、人のために自分が奉仕できたという満足感があるので、忙しくてもストレスをあまり感じることがありません。むしろ、「他人の役にたてた」という満足感が得られるのです。

「よくないがんばり」と、「よいがんばり」の違い。それは一言でいえば、自分の意思でがんばってるかどうかです。

もっというと、「やりたくないのにやってる」のか、「やりたくてやってるのか」の違いです。

「やりたくないこと」をがんばると、僕達の人生はどんどん貧しくなっていきます。逆に「やりたいこと」をがんばると、どんどん人生が豊かになっていくのです。

ではどうしたら「よいがんばり」にシフトできるのでしょう。

それは、「やりたくないことをやめていくこと」です。

やりたくない仕事を人にお願いする。仕事を断る。時には勇気をだして、こうしたこともやっていかないといけません。

きっと、今のあなたが一番やりたくないことだと思います。でも、ほんとは人にお願いしたい。断りたいはずです。

だからこそ、ここは「がんばる」ところなのです。これが、「よいがんばり」方です。

僕はそれを実践して、よいがんばりの人生を手に入れることができました。その体験記が、僕の著書になります。

よかったらぜひ読んでみてくださいね。

どうせがんばるなら、よいがんばりで生きていきましょう。

メルマガ購読で、もっと自分らしく生きる秘訣を学ぼう!

平日毎朝、ブログに書かない話を中心に、毎日あなたにメールをお届け。

セミナー情報も随時お知らせします。

「役に立つ」ととても好評なので、ぜひ登録ください。もちろん、無料です!

登録は以下からどうぞ

セミナー情報

●4/15(水)19時〜21時
『仕事のことは完全に忘れる、iPhoneアプリ「たすくま」入門講座』

● 4/21(火)
「残業ゼロ」の人気セミナー講師が教える、ふつうの会社員でもできる「自分ビジネス」の育て方

●4/24(金)19時〜21時

30日間は事実上無料!セミナー動画が過去分含めて見放題の「オンライン会員」

僕のセミナー動画が、過去分も含めて見放題。しかも、いつでも僕に質問し放題という、とってもお得なサービス。

しかも、30日間は実質無料でお試し可能。

まずは試してみてほしい。きっとあなたの役に立つ。

個人セッションのご依頼

平日18時以降、都内で開催。

遠方にお住まいの方でも、オンラインで対応可。

詳細とお申し込みはこちらから。

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

無料メルマガ

滝川 徹のメルマガへの登録は以下からどうぞ

この記事を書いた人

滝川 徹

滝川 徹

東証一部上場の大手金融機関で長時間労働から「残業ゼロ」へ変わった現役会社員。出版後、年間30回以上セミナーを開催する個人事業主としても活動している。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告