先日本屋さんでふと、

目に止まった以下の本。

ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言 (NewsPicks Book)
田端 信太郎
幻冬舎 (2018-07-06)
売り上げランキング: 35

以前からTwitterの

僕のタイムラインに

流れてきていたので、

気になってパラパラと

中身を読んでみたんですね。

そしたら、なんか自分の中で

ザワザワするんですね(笑)。

モヤモヤと言ってもいいかも

しれません。


で、どうしてそう思ったのか。

自分の心を探っていくと

「大したことないのに、

こんなこと書いちゃって」

という言葉がでてきました。

そこで気がついたんです。

「あ、自分って、

すごくないと本をだしたり、

大きなことを言う資格がない」

と思っているんだ

ということに、です。

あ、念のために書いておきますと

僕は田端さんとは面識ないですし、

「たいしたことない」と思ったのは

僕が自分の心の問題で

「反応」したからです。

シンプルにいえば、

「うらやましい」

という気持ちからくる

嫉妬のような感情だと思います。

だからこの記事は田端さんを

ディスる趣旨ではありませんので、

この先はその前提で

読み進めてくださいね。

さて、話を戻します。

わかりやすくいうと、

「すごくならないと、成功できない」

そう思っていたんだと思います。

「あぁ、だから色々と

思うようにいかないんだ。」

そんな気づきが降りてきました。

冷静に考えれば、

いつになったら、

自分のことを「すごい」と

思えるのかよくわからない(笑)。

さらに言えば、

別に「すごく」なくても、

成功している人だっているでしょう。

この根底には、

まだまだ、

困難や試練を乗り越えた人しか

成功する資格はない

という思考があるのでしょうね。

しかしこうした考えを

自分がもっているかぎり、

困難や試練を自ら引き寄せて

しまいます。

でも僕はもう、

十分そこは味わいました(笑)。

だからこそ、今の僕に必要な言葉。

それは、

  • 「たいしたことなくても、成功しちゃっていい」
  • 「もうすでに自分、すごいし」

こんなところでしょう。

もしこの記事を読んで

あなたもザワザワするなら、

この言葉は、あなたにも

必要だということです(笑)。

ということで、

田端さんの新刊。

自分の心の問題ときちんと

向き合うきっかけを

いただいた本ということで

しっかり購入して読みたいと

思います。

今、ちゃんと購入しました(笑)。

ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言 (NewsPicks Book)
田端 信太郎
幻冬舎 (2018-07-06)
売り上げランキング: 35

田端さん、ありがとうございました。

今日はここまで。それでは、また!

□□ワークショップ情報□□

毎月の「継続型勉強会」

会員募集中!

7/31(火) 19時〜21時

「残業ゼロの達人が教える、

人生を楽しむ時間の作り方」

くわしくはこちら↓から

□□無料メルマガはじめました!□□

登録は以下からどうぞ

□□通勤で学べる教材も提供してます!□□

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

Amazonへ見にいく

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

滝川 徹

滝川 徹

東証一部上場の大手金融機関で、「残業ゼロ」を実践。時間管理をはじめ、ワークショップを開催する個人事業主。

2018年5月に順天堂大学で「時間管理」で登壇。「シゴタノ!」の非常勤講師。
詳しくはこちらをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします