短時間労働を実現する人は発想が「逆」だからうまくいく

多くの人が短時間労働を目指しているにもかかわらず、ほとんどの人がそれを実現することができていません。

なぜなのでしょうか?

自分自身が残業ゼロを達成した経験をふまえると、多くの人の発想が「逆」だからだと思います。

多くの人が仕事の効率が良くなったら短時間労働にしようと考えています。しかし残念ながら、この発想で残業を減らした個人や会社を僕は知りません。

僕の経験上は「逆」です。短時間労働を達成したいなら、まずは実際に労働時間を減らすことが先決だと僕は考えています。

広告

早く帰るからこそ、仕事を大胆に減らすことができる

効率をよくしようとすること自体が悪いことだと言うつもりはありません。しかしやってるとわかりますが、今やってる仕事を効率よくしようと会議をしても、劇的に仕事を効率化したり、削減できることはほとんどないのではないでしょうか。

それはそうです。発想が変わらなければ、今やってることがムダという発想もでてこないからです。誰も今やってることをムダだと思って仕事をしていないからです。

これも「逆」だと思います。早く帰るから、大胆に仕事を減らすことができるのです。今まで3時間かかっていた仕事も、1時間しか割り当てられないから最短ルートを閃いたりするのです。

資料をじっくり読んでいたのが、必要な箇所だけ拾い読みするようになる。丁寧に報告書を書いていたのが、ポイントだけ押さえた内容で書くようになる。時間がないからこそ、どうやって時間内に終わらせるか。考えるようになるのです。

僕の場合、タスク管理という武器はありました。しかしタスク管理ができれば残業を減らせるわけでは必ずしもありません。僕自身もタスク管理を3年やってた時ですら、残業はいっこうに減らすことができませんでした。

タスク管理は早く帰るための手段にすぎないのです。早く帰ることの不安を、タスク管理で仕事を見える化することで和らげることが目的とも言えます。

そういう意味で仕事を効率化したり、業務を削減することも手段なのです。実際に早く帰らなければ意味がありません。

2週間いつもと違う働き方をしてみる

ではどうすればいいのか。それは少しずつでいいから、とにかく今日から早く帰ってみることなのです。いつもより30分早く帰ってみましょう。

そしてそれを2週間続けてみてください。毎日30分早く帰ってたら、仕事が溜まって大変なことになると思うなら、実際にやってみてから言いましょう。

少なくともあなたが会社員なら、ピンチになったらまわりの人に助けてもらえばいいだけの話なのです。

あなたのまわりで実際に早く帰ってる人がいるなら、その人に秘訣を聞いてみてください。きっと僕と同じようなことを言うはずです。

そこで「私には無理」とあきらめてしまうのか。それとも「とりあえずやってみよう」と思うのか。違いはそこだけなのです。

明日から残業ゼロにする必要はないわけです。毎日15分からでもかまいません。まずは2週間いつもと違う働き方をしてみてください。今日中に本当にやらなければならない仕事はそうないはずです。

短時間労働を実現したいなら、厳しいようですが話はそれからだと思います。

あ、安心してください。昔の僕も本に同じようなことが書いてあって、「そんなのムリ」と思ってました。あなたの気持ちもよくわかります。

「残業ゼロ」の仕事力
「残業ゼロ」の仕事力

posted with amazlet at 16.10.10
吉越 浩一郎
日本能率協会マネジメントセンター
売り上げランキング: 23,624

だから僕は確信しているのです。少しずつやれば、必ずあなたの労働時間は減ります。そう信じて、やってみてください。

無理
無理

posted with amazlet at 16.10.10
昭和レコード (2013-07-03)
売り上げランキング: 209,905

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック