人に堂々と「ちょうだい」って言えないことを克服する

昨日Facebook見てたら、「本出すから買ってねー」ってブログのエントリーで書いてる人がいて。「あ!」と気づいたことがあります。

今までの僕、あんまりこういうことできてないなと思ったのです。

例えば今回の出版もそうですが、「買ってねー!」とかなかなか言えないです。

なんでかなぁ?とちょっと考えてみました。

広告

人に堂々と「ちょうだい」って言えないんです

探求していくと、「たいしたことないのに自分の本を買ってと言うのは恥ずかしい」という感情があることに気づきました。

アマゾンの欲しいものリストを公開する人、いるじゃないですか。すごいですよね。あれ僕できないんですよ。勇気だせません。

それは心のどこかで「たいしたことないくせに、人に物ちょうだいなんて言うなよ」みたいに思ってる自分がいるわけです。

けっきょく、まだまだ人に堂々と「ちょうだい」と言えないんですよね。まだいらないプライドみたいのがあって、ちょっとカッコつけてるんですよね。かわいくないなー。

そしてもう一つ気づいたのは、「あ、自分のことまだたいしたことないって思ってるんだー」ってことでした。

だって「たいしたことないのに、そういうことやっちゃいけない」って思ってるってことは、「たいした人物になればアマゾンの欲しいものリスト公開していい」と思ってるってことですからね。

本だって、本当は「ベストセラーにします!」と言いたいけど、「たいしたことないうちは言ってはいけない」みたいな考えがあります。

何それ。

今年の目標二つ追加!

ということで、今年も残り少ないですが目標が二つできました。

  • 本を出すときにみんなに「買ってねー」とお願いする。ついでに「ベストセラーにする」宣言を恥ずかしがらない。
  • 誕生日の11月にアマゾンの欲しいものリスト公開する

けっきょく「みっともない」、「はしたない」、「何アイツあんなことやってるんだ」、「たいしたことないのに」って言われるのが怖いだけなんですよね。

でもそういうマイナス面を受け入れないと、自分のことたいした人物って思えないと思うのですよ。

「ベストセラーにする!」って言えないような人の本が、ベストセラーになるわけないですよね。

ということで、これからは自分の中で「たいした人物にならなければやってはいけないこと」をガンガンやっていこうと思います。

自分のことは、自分が一番評価してあげなければいけないと思うのです。ということで、自分のために。

今度出す本、買ってくださいねー!ベストセラーになりますよー!!!

よろしくお願いしまっす。

ああ、恥ずかし (新潮文庫)
阿川 佐和子
新潮社
売り上げランキング: 441,584

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック