習慣化に大切なことは型通りやるという「手段」を目的化しないこと

何事も「型」を知るのは大切ですが、型にこだわり続けると先に進めないと感じる時がやってきます。

例えば僕の場合、フォトリーディングがそうです。

フォトリーディングの講座を受け、やり方を学びました。つまり型を教えてもらったわけです。

講座受講後、しばらく型通りフォトリーディングを実践していました。しかし続けていくうちどうもうまくいかないと感じている自分がいました。

広告

フォトリーディングの一部の工程に抵抗を感じることで、心理的ハードルが上がってしまう

うまくいかないというのは、フォトリーディング自体というよりは、フォトリーディングにうまく取り組めないという悩みです。

例えばフォトリーディングの型の中には「ミカン集中法」という儀式のようなものがあります。

これは自分をリラックスさせて、集中力を高めるためにやります。その集中したモードでフォトリーディングをやっていくからです。

しかしどうもこれが自分の中でフォトリーディングを続ける障害の一つになっているように感じました。

ミカン集中法は簡単に言えば頭の斜め上あたりにミカンがあることを想像し、呼吸を整えるような儀式です。1分もかからないような儀式なのですが、どうもこれが自分の中で「めんどくさい」ようなのです。

「めんどくさい」と感じると、僕にとってそれを習慣化させるのは難しくなります。ミカン集中法をやりたくないので、その先のフォトリーディングに進まなくなってしまうのです。心理的ハードルが上がってしまうのですね。

型通りやるという「手段」を目的化しない

そこで考えたのが「必ずしも型通りやらなくていいや」でした。

フォトリーディングの基本的な考え方は理解しているので、自分が心地いいと感じる自分なりのスタイルでやればいいことに気づいたのです。

実際にフォトリーディングを継続しているブログ友達のみっちゃんに話を聞くと、彼女も型通りやっていないことがわかりました。

ここから学べることは手段を目的化しないということです。目的は本を読むことです。フォトリーディングを型通りやることではありません。

これはフォトリーディングに限らず、タスク管理でも同じことを言えます。何でも共通する話ではないでしょうか。

型は確かに大切です。はじめのうちはその通りやらないと何が自分に合うのかさえ気づけないからです。しかし型に固執してしまうと手段の目的化がはじまるので注意が必要なわけです。

あなたも何かが続かないなら手段を目的化しているのかもしれません。

形にこだわるあまりうまくいかないと感じることはありませんか?

個性を捨てろ! 型にはまれ! (だいわ文庫)
三田 紀房
大和書房
売り上げランキング: 100,322

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック