小さな習慣が大きな成果につながる時-「ジェームズ・クリアー式 複利で伸びる1つの習慣」から学べること

やぁ、みんな!

今日は受験の時に僕が突如経験した、飛躍的な進歩を遂げた話からはじめたい(単なる自慢に聞こえるかもしれないが、大丈夫。きっと君のためになる)。

時は高校3年性の時にさかのぼる。

当時無謀にも東大を目指していた僕は、高校3年生のスタート時は東大どころか早慶すら合格ラインに達してなかった。模試の合否判定結果はたしかD判定くらいだった。

その後も勉強を続け、模試を受け続けたが、一向に成績は伸びる気配が見られなかった。10月になってもあいかわらずD判定のままだった。

これはふつうに考えたら、東大はおろか、早慶も合格は絶望的なレベルだ。

理屈で考えたら、ここからいきなりA判定、B判定に到達するわけがない。今の僕はD判定。まわりの受験生も僕と同じくらい勉強しているはずだ。勉強量を倍にしたりしたら、他の受験生を出し抜けるかもしれない。でも、そんなことは僕には不可能だった。

そう。今のペースで勉強し続けても、僕が東大はおろか、早慶の合格ラインに達しないことは明らかだったんだ。

しかし、奇跡は起きたのだ。

広告

ある日突然、「B判定」になる

11月になり、ある日模試の結果を見てみると、突然早慶がB判定になっていた。そして最終的に僕は慶応大学に合格することができた。

一体なぜ急に成績が「ギュン」と伸びたのだろうか?一体何が起きたのだろう。

最近読んだ「ジェームズ・クリアー式 複利で伸びる1つの習慣」に、僕に起きた出来事を説明することが書かれていたので、ここでシェアしたいと思う。少し長いが、引用する。

目の前のテーブルにひとつの角氷があると想像してみよう。部屋は寒くて、自分の息が見えるほどだ。現在の室温はおよそ摂氏マイナス四度。ここから非常にゆっくりと部屋が暖かくなっていく。

マイナス三度
マイナス二・五度
マイナス二度

角氷は目の前のテーブルで、ただじっとしている。

マイナス一・五度
マイナス一度
マイナス◯・五度

まだ何も起こらない。

そして、摂氏◯度。氷は解けはじめる。それまでの温度上昇となんの違いもないようなわずか◯・五度の差で、大きな変化が引き起こされる。

変化は臨界点を超えた時、突如訪れる

ここで著者のジェームズ・クリアーが言いたいのは、大きな変化は臨界点(氷で言えば、摂氏◯度)に到達するまで起こらないということだ。この氷の例も、マイナス四度からマイナス◯・五度までの変化までは何も氷に変化が起きなかった。

しかしマイナス◯・五度から摂氏◯度の少しの変化で、氷は解けはじめたのだ。

僕の受験の体験も、これと同じことが起こったのだと思う。

僕はD判定の時も、あきらめずコツコツと勉強を続けた。

そうしてコツコツと勉強を続けた結果、ある時氷のケースにいう摂氏◯度にたどりついたということなのだと思う。

毎日1%よくなったら、1年後には37倍よくなる

最後に、再び「ジェームズ・クリアー式 複利で伸びる1つの習慣」から引用しよう。

どんな目標でも、初期や中期の段階には「失望の谷」がよくあるものだ。直線的な進歩を期待しているので、最初の数日間、数週間、そして数ヶ月でさえあまり変化が見られないことにかっがりする。なんにもならないように感じられる。それがあらゆる形成過程の特徴であり、もっとも強力な成果は遅れて表れてくるものだ。

僕達の成長は直線的なものではなく、以下のようにギュンと変化する曲線のような軌跡を描く。

だからこそ、臨界点に達するまでは辛抱強く習慣を続けていくことが大切になる。

あきらめず、習慣を続けていこう。小さなものでも、時間をかければ大きな成果につながる。

毎日1%よくなったら、1年後には37倍よくなるのだ(「ジェームズ・クリアー式 複利で伸びる1つの習慣」より)。

だからこそ、あきらめずに続けることが何より大切ってわけさ。

最高のPodcast「現役会社員が教える『一生時間に困らない生き方』」をチェックしよう!

エピソードはApple PodcastSpotifyのいずれでも聴ける。

楽しんで!!!

今日も最後まで読んでくれてありがとう!ぜひ君の感想を聞かせてほしい!

この記事の感想、フィードバックがあったらぜひ教えてほしい。

それが僕のブログを書き続ける、励みになる(ようするに、励ましてほしいんだ。察してほしい)。

「次はこんなテーマで書いてほしい」というリクエストも、いつでも大歓迎だ。

感想やリクエストは、僕が見つけられるように、Twitterで@dream4luckと入れて、ツイートの終わりに「#いつでもスタオバ」といれてほしい。

返事は必ずしもできないかもしれないが(できるだけするつもりだ)、全てのメッセージに目を通すようにはしている。

君からのメッセージを楽しみにしている。

それではみんな、Have a nice day!!!

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

1982年東京生まれ。
慶應義塾大学卒業後、内資トップの大手金融機関に勤務。長時間労働に悩んだことをきっかけに独学でタスク管理を習得、2016年には「残業ゼロ」の働き方を達成。

その体験を出版した「気持ちが楽になる働き方 33歳大企業サラリーマン、長時間労働をやめる。(金風舎)」はAmazon1位2部門を獲得。

2018年には順天堂大学で時間管理をテーマに講演を行うなど、講演やセミナー活動を中心に個人事業主としても活動している。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告