良い習慣を作る2つの鍵-ゲームは夢中になれるのに、現実世界の自分の経験値をあげることに夢中になれない理由

やぁ、みんな!

どうしてゲームでは自分の経験値を上げることに夢中になれるのに、現実の世界では自分の経験値をあげることに夢中になれないのか。考えてみたことはないかい?

それは結論から言えば、ゲームと違って、現実世界の自分の経験値は目に見えないからだと思うんだ。

広告

成長を実感できない現実世界

たとえばドラゴンクエストなら、敵を倒していく毎に経験値がもらえ、それが積み重なるとレベルアップする。

レベルが上がっていくと、強い魔法や技を覚えていく。だから楽しい。

一方、現実世界では。

僕達はこうした「成長」をゲームほどわかりやすく実感できない。

たとえば、毎日ブログを書くとしよう。

毎日ブログを書いてる分には、僕達は自分が経験値を積んでいるという実感は湧かないし、「今レベルアップした!」と感じることもない(あたりまえだ)。

そうすると、毎日ブログを書き続けていても。自分の成長を実感できない。

そうして多くの人はブログを書きはじめても、そのうちやめてしまうということになる。

しかしここで肝心なのは、たとえば毎日ブログで文章を書いているなら。

目に見えないだけで、間違いなく経験値を獲得しているし、レベルアップもしていっているということだ。

きっと、ちょっとした魔法(のような技術)も身についている。

ただ、ゲームのように僕達のコマンドメニューにはあらわれない。だから、成長を実感できないってわけだ。

習慣化の鍵その1:「報酬」

ではどうしたらこの成長を実感できない問題をのりこえて、「ブログを毎日書く」といった「習慣」のモチベーションを維持することができるのだろう。

ひとつは、その習慣(行為)自体を楽しむ方法を考えることだ。

たとえば、僕にはブログを書く、プールで泳ぐという習慣があるが、これらはいずれも書く、泳ぐという行為が好きだから続けることができている。

ある行為を習慣化するためには、よく言われるように報酬が必要だ。

なので、自分が楽しいと思えることを習慣にするのが一番いいし、どうしても(今は楽しく感じないことで)習慣化したいことがあるなら。どうしたらその行為が楽しくできるか考えてみよう。

たとえば、僕にもブログを書くのが「楽しくなくなった」時期があった。

それは、「他人に読まれる記事を書こう」と意識しすぎて、自分が書きたいようにブログを書けなくなったからだった。

これに対する解決策として、僕はブログで自分が書きたいことを書きたいように書くようにした。

そうしたら、ふたたびブログを書くのが楽しくなった。

このように、同じ行為でも。やり方を変えることで楽しく取り組むことができるようになったりする。

なので、習慣化したいことがあるなら。

まず、どうしたらその行為(習慣)に取り組むこと自体が楽しくなるか。考えてみよう。

習慣化の鍵その2:「時間が必要なことを理解する」

もう一つ僕が大切だと思うのは、目に見えるような大きな成果を出すためには、「それなりに時間がかかる」ということを理解することだと思う。

世の中で「成功してる」とされている人達を見ていると、あっという間に今の地位にのぼりつめたように感じる。

でもごくわずかなラッキーな人達を除き、実際には彼(彼女)らも長い時間をかけて、今の地位、立場にたどりついているんだ。

実際、ビジネスパーソンでは40代になってから世に出る人が多い。それは彼らが30代にたいしたことがなかったのに、突然40代で「目覚めた」のだろうか?

そうじゃない。

彼らは30代(あるいは20代)からそのことに秀でていた。しかし40代になり、経験値が積み重なり、彼(彼女)らはようやく「(成功の)壁」を越えたのだ。

一番大切なこと:「壁」を越えられるその日まで続ける。

つまるところ、問題は「壁」を越えないと、人は「成長」を実感できないことだと思う。

たとえばあと一歩進めば「壁」を越えられる場所にいたとしても。その人はまだ自分がスタート地点にいるのと同じくらいの感覚しか持てていないかもしれない。

そうすると、あと一歩で「壁」を越えられるのに。自分は成長していないと感じ、場合によっては歩みを止めてしまうのだ。あと一歩で壁を越えられるのに!

これはあまりにももったいない。そして現実世界ではこうしてあと一歩のところで諦めてしまう人があまりにも多い。

こうした事態を防ぐために大切なことが、「壁」を越えるためには時間がかかるということを理解することだ。

続けてさえいれば、いつか「壁」を越えられる日がくる。

そう信じ続けて、良い習慣を続けていける人に勝利の女神はほほえむ。

そうだろう?

最高のPodcast「現役会社員が教える『一生時間に困らない生き方』」をチェックしよう!

エピソードはApple PodcastSpotifyのいずれでも聴ける。

楽しんで!!!

今日も最後まで読んでくれてありがとう!ぜひ君の感想を聞かせてほしい!

この記事の感想、フィードバックがあったらぜひ教えてほしい。

それが僕のブログを書き続ける、励みになる(ようするに、励ましてほしいんだ。察してほしい)。

「次はこんなテーマで書いてほしい」というリクエストも、いつでも大歓迎だ。

感想やリクエストは、僕が見つけられるように、Twitterで@dream4luckと入れて、ツイートの終わりに「#いつでもスタオバ」といれてほしい。

返事は必ずしもできないかもしれないが(できるだけするつもりだ)、全てのメッセージに目を通すようにはしている。

君からのメッセージを楽しみにしている。

それではみんな、Have a nice day!!!

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

1982年東京生まれ。

慶應義塾大学卒業後、内資トップの大手金融機関に勤務。長時間労働に悩んだことをきっかけに独学でタスク管理を習得、2016年には「残業ゼロ」の働き方を達成し、およそ7時間の自由時間の創出に成功する。

その体験を出版した「気持ちが楽になる働き方 33歳大企業サラリーマン、長時間労働をやめる。(金風舎)」はAmazon1位2部門を獲得。その後講演やセミナー活動を中心に個人事業主としても活動をスタート。2018年には順天堂大学で時間管理をテーマに講演を行うなど、月4時間だけ働くスタイルで個人事業で4年間で500万円の収入を得る。

あわせて読みたい

広告