毎日8時間寝る生活習慣を手に入れるために試してみてほしい、たった一つのこと

毎日8時間寝る生活を続けて4年以上になる。

一言だけ言わせてほしい。毎日「眠い」と思わずに起きられるのは最高だ!

(冷静になって)

失礼。興奮して取り乱してしまった。悪いクセだ。どうか許してほしい。

さて、睡眠時間をしっかり取ることの大切さについては、あらためてここに書く必要はないと思う。

問題は、多くの人が「やらなければいけないこと」「やりたいこと」が多すぎて、睡眠時間を犠牲にせざるをえない生活を送っているということだ。

みんな、ほんとはもっと寝たい。寝た方がいいことなんて、言われなくてもわかってる。でも、今は寝る時間を削らざるをえないんだ。

その気持ちは、痛いほどわかる。

昔の僕も全く同じように感じていて、なかなか毎日8時間寝る生活、ライフスタイルを手に入れることができなかったからだ。

そんな昔の僕に、今の僕からアドバイスを厳選して一つだけするとしたら、何になるだろう。

その答えが、この記事になる。

それは、

「とにかく1週間、毎日8時間寝てみよう」

となるだろう。

広告


理由は単純だ。

1週間だけでいい。毎日8時間寝る生活を、実際に体験してみることが大切だからだ。

たとえ1週間でも。実際に毎日8時間寝る生活を体験することで、「毎日8時間寝る生活って、こんな感じなんだ」と体験することができる。

そうすると、「朝起きる時に眠くないなんて、最高!」と感じるかもしれない。あるいは、「めちゃめちゃ頭がさえてる!」と驚くかもしれない。

逆に、「思ってた通り、全然やりたいことができない」と感じるかもしれない。

どう感じるかは人それぞれだし、どう感じてもらっても全くかまわない。

大切なのは、1週間実際に毎日8時間寝る生活を体験してみることで。

自分が毎日8時間寝る生活を心から望んでいるかどうか、知ることができることなんだ。

おそらくほとんどの人が、1週間、毎日8時間寝てみたら、「今後もこの素晴らしい毎日を続けたい」と思うはずだ。

そうしてメリットを感じられたらしめたもので。

その後は「どうやったら毎日8時間寝る生活を手に入れることができるか」、頭を使うようになるだろう。

もっと働く時間を短くしようと思ったり、テレビを見る時間を減らそうと思ったりするはずだ。

人が変わるために大切なものは、メリットを感じることと、モチベーションだ。

その2つを手に入れるには、自分が望む生活、つまり8時間睡眠を実際に体験してみるのが一番なんだ。

もし1週間毎日8時間寝てみて、「思ってたんちがう」と思ったら、それでいいじゃないか。

今の生活に戻したらいい。1週間で君が失うものはほとんどない。

でも、もしこの1週間のトライアルで8時間寝る生活習慣を手に入れることができたら。

それはとんでもなく素晴らしいことだと思えないだろうか。

試してみる価値はあるんじゃないかな?

ということで、参考にしてほしい!!!

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

1982年東京生まれ。
慶應義塾大学卒業後、内資トップの大手金融機関に勤務。長時間労働に悩んだことをきっかけに独学でタスク管理を習得、2016年には「残業ゼロ」の働き方を達成。

その体験を出版した「気持ちが楽になる働き方 33歳大企業サラリーマン、長時間労働をやめる。(金風舎)」はAmazon1位2部門を獲得。

2018年には順天堂大学で時間管理をテーマに講演を行うなど、講演やセミナー活動を中心に個人事業主としても活動している。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告