#13:デキる人が仕事で意外と電話を使う理由

Podcastのあたらしいエピソードを公開しました!

「会社員はもっと電話を活用しよう!」という内容になってます。

近年TeamsやLINE WORKS、メッセンジャーをはじめとした社内SNSでのコミュニケーションが増え、対面はもちろん、電話でのコミュニケーションの機会もどんどん減ってきているように感じています。

社内SNSはたしかに便利です。電話と違っていたずらに相手の時間を奪うという感覚もないし、コミュニケーションのハードルも下がり、気軽に相手とやりとりすることができます。

一方で、電話なら5分ですむような話を、20分くらいかけて相手にメッセージを送り、その後もやりとりする、、、。そんな場面、日常でありませんか?

社内SNSはたしかに便利ですが、場面によっては電話を使った方が効率的な場面もあります。

社内SNSやメールと、電話をどんなふうに使い分けると、仕事の効率がよくなるのでしょう?

今回のエピソードでは、そんな話をしました。

Podcastは、Spotify、Apple Podcast、いずれからでも聞けます。

Spotifyはこちら

ApplePodcastはこちら

それでは、楽しんで!!!

お知らせ

個別セッション(対面、オンラインいずれでも可)、やってます!

興味ある方は、こちらから詳細ご確認ください!

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

Avatar photo

滝川 徹

1982年東京生まれ。

慶應義塾大学卒業後、内資トップの大手金融機関に勤務。長時間労働に悩んだことをきっかけに独学でタスク管理を習得、2016年には「残業ゼロ」の働き方を達成し、およそ7時間の自由時間の創出に成功する。

その体験を出版した「気持ちが楽になる働き方 33歳大企業サラリーマン、長時間労働をやめる。(金風舎)」はAmazon1位2部門を獲得。その後講演やセミナー活動を中心に個人事業主としても活動をスタート。2018年には順天堂大学で時間管理をテーマに講演を行うなど、月4時間だけ働くスタイルで個人事業で4年間で500万円の収入を得る。

あわせて読みたい

広告