情報が多すぎる「情報過多」に疲れた時に試してほしい5つのこと-「情報ダイエット」のススメ

スマホが便利になり、様々な情報が簡単に入手できるようになった。その反面、インプットする情報が多くなりすぎて「疲れた‥」と感じる人も増えてきている。

僕自身も以前は隙あらばスマホでニュースチェック、本を読むようにしていた。こうした生活を続けていると目も頭も心も休まらない。

自分でも気がつかないうちにストレスも溜まってしまう。

こうした問題を解決するには、「情報ダイエット」を決行することだ。

僕自身、数年前から以下の5つのことを心がけている。

  • スマホでのニュースチェックをやめる
  • テレビをつけない。見ない。
  • YouTubeも見ない。
  • SNSはフォローを厳選する。
  • 読む本も厳選する。

その結果、以下の効果が得られた。

  • インプットする時間が大量に減ったので、自由に使える時間が増えた。
  • のんびりコーヒーを飲み、考えごとを楽しむ時間が増えた。
  • 頭がスッキリし、目の前の「今」を楽しめるようになった。

もしあなたも情報過多に悩んでいるなら、「情報ダイエット」は確実に効果がある。

今日は僕が実践している5つのことについて、具体的にどんなことを心がけているか。紹介していきたいと思う。

今日も早速いってみよう!!!

広告

スマホでのニュースチェックをやめる

スマホでのニュースチェックはやめること。

僕自身はもう何年もニュースチェックをしていない。それで困ったことは一度もない。

大きなニュースは知りたくなくても家族や同僚から耳に入る。

スキマ時間になんとなくニュースチェックをする習慣をやめてみよう。

景色を眺めたり、ボーッとすることにもっと時間を使うこと。

テレビをつけない。見ない。

家に帰って当たり前のようにテレビをつけないこと。

マスコミがこちらに一方的に伝えたいニュース。企業の広告はストレスになるだけだ。

その代わり、楽しむ目的でドラマやバラエティを見るのはOK(ただし、時間を決めて見ること)。

YouTubeも見ない。

YouTubeも「なんとなく見る」のはやめよう。

具体的に知りたい情報がある時。あるいは楽しみ目的で見るのはOK (ただし、時間を決めて見ること)。

SNSはフォローを厳選する。

Facebook、TwitterをはじめとしたSNSを「見るな」とは言わない。でも、情報は厳選すること。

僕がTwitterでフォローしてる人数は30人だ。それでも、「情報が多い」と感じる。

TwitterもFacebookもフォローする情報は厳選すること。

読む本も厳選する。

読む本も厳選すること。

目的を持って本を読もう。単に「知識をつけたい」という理由で本を読んではいけない。

楽しむ目的でマンガや小説を読むのはOKだ。

まとめ

大切なことは、情報の「量」を求めるのではなく、「質」を追求することだ。

情報ダイエットを決行し、インプットを減らすこと。

そうしてできた時間と余裕で、もっと人生を楽しもう。

ということで、参考にしてほしい!!!

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

内資トップの大手金融機関で長時間労働から「残業ゼロ」へ変わった現役会社員。出版後、会社員として働きながら、2018年の順天堂大学での講義をはじめ、年間30回以上セミナーを開催する個人事業主としても活動中。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告