人生を劇的に変えたいならリスクを大きくとることで現実の変化が速くなることを知ろう

目の前にある豊かさを感じるためには、今「執着」しているものを「捨てる」必要がある。

そして執着を捨てるためには、原理原則(成功法則)を知ることが大切。昨日のエントリーではこういった内容を書きました。

今日は原理原則と向き合う時の留意点というか、原理原則の実践方法について、僕の経験から話をしていきたいと思います。

広告

リスクの大きさと変化のスピードは比例する

例えば原理原則の一つに「(自分が)やりたくないことをやめて、やりたいことだけをやっていく」というものがあります。

それが「自分らしく生きる」ということであり、僕は成功法則の一つと考えています。

ではこの成功法則を知って、今日からあなたは「何をどうすればいいのか」という話になるわけです。

これはもちろん人によって「正解」が違ってきます。

僕の場合は「少しずつ実践していく」というのが性にあっているようです。

少しずつ仕事での残業をなくしていき、毎日コツコツとこうして好きなブログを書いているように。

僕は少しずつやりたくないことをやめ、やりたいことをやっています。

基本的にはこの「少しずつ実践していく」が原理原則を実践するには向いていると感じています。

「やりたくないことをやめて、やりたいことをやる」は確かに原理原則です。

原理原則に従えば、会社で働きたくない人は今日にでも会社をやめていいことになります。

それはそれでいいと思うのです。最終的には原理原則通り、うまくいく可能性もあるでしょう。

ただ、これはジェットコースターみたいな生き方になるのが容易に想像できるわけです。

例えば家庭がある人が会社をやめる場合。

奥さんから「会社はやめないでほしい」と言われたにもかかわらず、「原理原則通りやればうまくいくんだ!」として、反対を押し切っていきなり会社をやめてしまった場合どうなるか。

経済的に成功したとしても、今の家族は失ってしまうかもしれないのです。

つまり原理原則は少しずつ実践していけば、目の前の現実は少しずつ変化していきます。

逆もしかり、です。

いきなり会社をやめるように、大きく飛びこめば、目の前の現実はすごいスピードで変わっていくでしょう。

リスクの大きさと変化のスピードは比例するのです。

人生を劇的に変えたいなら、その分リスクを取るしかない

何が言いたかったかというと、原理原則を知った上で、どのレベルでどのように実践するか。

ここばかりは自分で考えるしかないということです。

誰も正解を教えてくれないのです。あなたのメンターでさえ、正解はわかりません。

自分の性質、置かれている環境、何が大切か。こういった要素をふまえて、考えるしかないのです。

捨てるものが大きければ、得るものも大きいです。捨てるリスクが大きければ大きいほど、得るスピードも早い。

つまり人生を劇的に変えたいなら、その分リスクを取るしかないということになります。

これもまた、原理原則です。

これを知った上で、自分がどの道を選んで生きていくのか。

それこそが「生き方」ということになるのでしょう。

今日からあなたにできること

自分が原理原則をどのように「実践」するのがいいのか。考えてみよう。

こちらのエントリーもあわせていかがでしょう?

あなたにオススメ

非常識な成功法則【新装版】
フォレスト出版 (2014-08-29)
売り上げランキング: 3,342
「週4時間」だけ働く。
ティモシー・フェリス
青志社 (2011-02-03)
売り上げランキング: 19,166
史上最強の人生戦略マニュアル
きこ書房 (2015-07-02)
売り上げランキング: 2,534

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック