美崎栄一郎さんが主催する「大阪環状線全駅で勉強会」@寺田町に参加してきた!美崎栄一郎さんから学ぶ問題解決の思考法・発想法

先日美崎栄一郎さんが主催する勉強会に参加してきた。

美崎さんと言えば花王という大企業に勤務しながらも「築地朝食会」などの場を提供。

初の著書「結果を出す人はノートに何を書いているのか」がベストセラーになり「スーパーサラリーマン」と呼ばれるようになった方だ。

今回のテーマは問題解決。僕が学んだことを書いていこう。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

広告

戦略を考えることの大切さ

「営業をしたくないので、営業をせずに仕事が入ってくるように考えている」という美崎さん。

実際に美崎さんの仕事は書籍を読んでファンになってくれた方や、美崎さんが提供する場で話をしているうちに仕事が決まってしまうことがほとんどだと言う。

勉強会の中で美崎さんは様々なビジネスモデルの話をされていた。

また僕達受講者の今の悩みに対して、的確なアドバイスをそれぞれくださった。

その中で僕が感じた共通のキーワードが「戦略」だった。

美崎さんが問題解決をしようとする時に何をしているか。

それは問題をきちんと定義したうえで、戦略をカッチリ考えること。それが習慣化されていることがヒシヒシと伝わってきた。

僕達は焦るあまり戦略を立てずに何かを始めてしまうことが多い。

僕自身も問題解決のためにスピードを優先するがために細部の戦略をおろそかにしてしまう傾向がある。

問題を解決するにはやはりきちんと戦略を立てて挑むこと。

この大切さをあらためて実感した。

問題は誰かが既に解決しているから必ず解決できる

僕達は問題を抱えている時、「この世の終わり」のように考えてしまうことがある。

しかし「問題は必ず解決する」と美崎さんは言う。

大概の問題は今まで誰かが直面して解決しているはずであり、それは書籍や人と会うことで問題解決のヒントは得られる。

大切なことは「問題が解決できる」というスタンスで臨むこと。

美崎さんからはそんなお話があった。

そう。問題は必ず解決できるのだ。

僕自身も最近は人と会って話をよく聞くようにしている。

自分が抱える問題を解決した経験を持つ人から話を聞くことで、問題解決のヒントをもらうことができるからだ。

問題は必ず解決する。これからもその前提で生きていきたいと思う。

コネクションの大切さ

何か問題を解決する時、一人で必ずそれを解決できるとは限らない。

そんな時は、それを解決できる人に頼ることも大切だ。

その中でコネクションの大切さを美崎さんは説いていた。

誰かに何かを頼む時、やはり面識があるのと無いのとでは大きな差が生じる。

例えゆるい繋がりであっても、面識があれば人にお願いはしやすい。また誰かの紹介があれば、全く面識が無い人でも何かを依頼することが容易になる。

「人は結局知ってる人に何かを依頼したい」を美崎さんは言う。

美崎さんが色んな場を自ら提供されている理由も、こういった考え方を理解すると合点がいく。

コネクションの大切さをあらためて実感した。

まとめ

美崎さんは花王という大企業に勤めながらも書籍を出されベストセラー作家となり「スーパーサラリーマン」と呼ばれ最終的に独立された。

僕から見たらある意味理想的な生き方をされている人。

そんな人を目の当たりにし、実際にお話を聞くこと。これほど今の自分にとって貴重な体験はないように思う。

問題は必ず誰かが解決しており、解決できるということ。

これからも様々な困難や問題が現れるかもしれないが、問題は解決できるという前提で常に臨みたいものだ。

ということで、参考にしてほしい!!!

予定続きで寝不足 いつでもスタオバより

こちらのエントリーもあわせていかがでしょう?

あなたにオススメ

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)
ナナ・コーポレート・コミュニケーション (2012-10-13)
売り上げランキング: 6,389

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック