「60%ぐらい正解」と思えるなら、それはできる限り行動に移した方がいい。

やぁ、みんな!

今日は行動するためには、「60%正しい」と思ったら前に進む!くらいの気持ちをもつことが大切って話をしたいと思う。

なぜ人は自分が思うように行動できないのか?

それはきっと、(一言で言ってしまえば)「失敗したくないから」あるいは「損をしたくないから」だと僕は思っている 。

たとえばTwitterやインスタ、ブログをはじめとした SNS で情報発信をした方が、楽しそうだし、自分のためにも良さそうなことは大体わかっている。

それでも。多くの人は自ら情報発信をしようとはしない。

それがいいか悪いかは置いといて、問題は、自分が「やってみたい」と思うことに対して、なぜ行動できずに躊躇してしまうのかということなんだ。

これは冷静に考えてみるとわかるが、やってみた結果、失敗する自分がイヤなんだからだと思う。

広告

自分には価値がないと感じたくない

たとえばTwitterで情報発信をはじめる。

何回かつぶやいてみた。でも、「いいね」が全くつかないし、フォロワーも全然増えない。

こうした体験をすると「やっぱり自分は価値がないんだ」とか「才能がないんだ」とか感じることになる。

こうした感情を感じたくない。つまり、失敗したくない。

こうしたことを一瞬で無意識のうちに感じてしまうから、人は躊躇し行動するのを止めてしまうと僕は考えているんだ。

なんでも、実際にやってみなければわからない

でも最近思うんだが、何でもやってみなければわからないと思うんだ。

たとえば Twitter で情報発信をはじめるというケースについても、やってみたら楽しくてうまくいくかもしれない。

もちろん、うまくいかないかもしれない。

でも、(当たり前だけど)こればかりはやってみないとわからないわけだ。

「それなら、やってみたらいいじゃないか」

こうして文章にして書けば、誰もが同じ結論にたどりつくはずだ。

それでもなぜ人は実際に一歩を踏み出さないのか。

それは先ほどからも言ってる通り、「失敗したくないから」だ。

絶対的に成功するものなんて、世の中にない

でもここで冷静に考えなきゃいけないのは、失敗しない、つまり絶対的に成功することなんて、世の中にあるのだろうか?ということだ。

おわかりの通り、そんなものはこの世に存在しない。

例を変えれば、たとえば勝間和代さんがいつも勧めてるインデックス投資

インデックス投資は理論上は、10年続ければ資産はほぼ倍近く増えるということは多くの人はわかってる。

それでもやらないという人は、大勢いる。

そういう人は、(頭では)おそらく「これはうまくいく話だ」ということもわかっている。

それなのに、なぜ一歩を踏み出さないのか。

それは、100%確実に失敗しないものだという確信が持てないから

でも冷静になろう。100%失敗しない投資法なんてあったらおかしいと思わないだろうか。

そんなものがあったら、みんなとっくにそれをやってるはずなんだ。

長くなったが、今日僕が言いたいこと

世の中に絶対的に失敗しない方法なんてない。

だからこそ、「60%ぐらい正解」と思えるのであれば、それはできる限り行動に移した方がいい。

たとえば「時間の記録をすれば時間の使い方が改善する」というのは、僕をはじめかなり多くの人が話をしている。

冷静に考えればこれはきっと効果的だということは、君もわかるはずだ。

それでも失敗してしまった時のことを考えて、多くの人ははじめの一歩を踏み出さない。

ここでさっきの「絶対的に失敗しない方法というのは存在しない」ということを思い出そう。

この「時間を記録すれば時間の使い方が改善する」というのは、「60%(以上)正しい」と思えるはずだ。

もしそう思えたら、実際にやってみる。

こうした判断をできるようになっていけば、どんどん行動していけるようになる。

小さな実験を続けていこう

失敗するのがイヤだと思ってる限り、いつまでたっても行動することができない。

そうすると、当然いつまでたっても人生も変わらない。

人生を変えたいなら、「60%正しい」と思った時に行動することだ。

ポイントは、小さな実験からはじめること

全財産を失うような投資をしたり、会社を辞めたりするような大きな勝負をいきなりしてはいけない。

たとえば時間を記録するだけなら、もし失敗してもちょっとした労力を失うだけですむ。

インデックス投資だって、少額からはじめれば大きな損失を被ることもないだろう。

失敗したとしてもリスクが小さいものからどんどんはじめていくことだ。

そうして小さな実験、行動を少しずつ積み重ねていけば。

きっと君の人生は変わっていくだろう。

健闘を祈る !

最高のPodcast「現役会社員が教える『一生時間に困らない生き方』」をチェックしよう!

エピソードはApple PodcastSpotifyのいずれでも聴ける。。

楽しんで!!!

今日も最後まで読んでくれてありがとう!ぜひ君の感想を聞かせてほしい!

この記事の感想、フィードバックがあったらぜひ教えてほしい。

それが僕のブログを書き続ける、励みになる(ようするに、励ましてほしいんだ。察してほしい)。

「次はこんなテーマで書いてほしい」というリクエストも、いつでも大歓迎だ。

感想やリクエストは、僕が見つけられるように、Twitterで@dream4luckと入れて、ツイートの終わりに「#いつでもスタオバ」といれてほしい。

返事は必ずしもできないかもしれないが(できるだけするつもりだ)、全てのメッセージに目を通すようにはしている。

君からのメッセージを楽しみにしている。

それではみんな、Have a nice day!!!

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

1982年東京生まれ。

慶應義塾大学卒業後、内資トップの大手金融機関に勤務。長時間労働に悩んだことをきっかけに独学でタスク管理を習得、2016年には「残業ゼロ」の働き方を達成し、およそ7時間の自由時間の創出に成功する。

その体験を出版した「気持ちが楽になる働き方 33歳大企業サラリーマン、長時間労働をやめる。(金風舎)」はAmazon1位2部門を獲得。その後講演やセミナー活動を中心に個人事業主としても活動をスタート。2018年には順天堂大学で時間管理をテーマに講演を行うなど、月4時間だけ働くスタイルで個人事業で4年間で500万円の収入を得る。

あわせて読みたい

広告