思うように人生が前に進んでいかなくて、自分の人生が停滞してるように感じる理由

「がんばろう」と思っても、がんばれない時期ってあると思う。

そんな時に、無理してがんばると。

自分の中でアクセル(がんばらなきゃ)とブレーキ(がんばれない)を同時に踏むことになって。

人生が停滞してるように、感じるんじゃないのかな。

広告


もしかしたら、「がんばらない自分はダメだ」と思ってるのかもしれない。

だから、ほんとはがんばりたくないのに。

「がんばろう」

そう、もがいてしまうんじゃないかな。

でも、「がんばらない自分はダメだ」と思ってるってことは。

素の自分、そのまんまの自分は「ダメ」。

そう、思ってるってことになる。

そう思ってると、「自分はダメだ」と感じる出来事を引き寄せてしまう。

たとえば、がんばって何かに一生懸命取り組むけど、思うような結果が出せない。

「あぁ、やっぱり自分ダメなんだ」

「才能ないんだ」

そう感じる出来事を、自ら引き寄せてしまう。

それならいっそのこと。

「素の自分は素晴らしい」「そのまんまの自分は素晴らしい」と思ってみたらどうかな。

少なくとも理論上は。そう思えれば、「自分は素晴らしい」という出来事を引き寄せることになるんじゃないかな。

今ほんとは「がんばれない」と思ってるなら。

もっと、人生の大きな流れに身を委ねる時期にきてるんじゃないかな。

人生の大きな流れに身を委ねる時期がきてるのに、「がんばらなきゃ」と「ブレーキ」を踏むから、人生が前に進まないんじゃないかな。

少なくとも、さんざんがんばってきたのに、思うように人生が進まないと感じてるなら。

そろそろ「がんばる(不安で行動すること)」を手放して。

人生の大きな流れに身を委ねる時期が来てる。

そんな風に、僕は感じるよ。

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

無料メルマガ

滝川 徹のメルマガへの登録は以下からどうぞ

この記事を書いた人

滝川 徹

東証一部上場の大手金融機関で長時間労働から「残業ゼロ」へ変わった現役会社員。出版後、年間30回以上セミナーを開催する個人事業主としても活動している。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告