人生を変えるには「イヤな気持ち」は避けて通れない

人生を変えるには、

形はどうであれ、イヤな気持ちを

味わなければいけない。

そのことに気がついた。

人生を変えるということは、

考え方を変えること。

僕が「残業ゼロ」をはじめた時は、

「同僚や部下を置いて、自分だけ早く帰ってはいけない」

このタブーを。マイルールを。常識を。

自ら破らなければいけなかった。

広告


17時のチャイムとともに、逃げ出すように毎日帰っていた。

帰りの電車の中では、罪悪感でいっぱいの自分がいた。

苦しかった。イヤな気持ちをたくさん味わった。

それでも、人生を変えたくて。

毎日17時に帰り続けた。

それを続けていたら、いつの間にか。

罪悪感はなくなっていた。

今では、

「何か問題でも?」

言えるくらいになった(笑)。

人生を変えるとは、こうして自分のマイルールを変えること。

そのためには、自ら築いてきたマイルールを破らないといけない。

それが、苦しい。とてつもなく。

その苦しみを味わうくらいなら、

人生変わらないほうがいい。

そう思うから、人はなかなか変われない。

ちょっと視点は違うけれど。

ダイエットだって、そう。

「食べたい」という衝動と、

向き合わなければいけない。

「食べなくても、大丈夫」と、

考え方が変わるまで。

空腹という「イヤな気持ち」と、

向きあわなければいけない。

その先に、痩せた身体が手に入る。

つまるところ、

イヤな気持ちを味わずに、

人生は、考え方は、変えられない。

そういうことなのではなかろうか。

だからこそ、苦しみを味わってでも。

「人生を変えたい!」

そう決意した人だけが、

人生を変えることができるのだろうね。

そんな話を、今日はします。

今の時点なら、まだ申しこみもできますよ。

くわしくは画像↓をクリック

今日はここまで。それでは、また!

□□ワークショップ情報 □□

5/19(土)15時30分〜

「残業ゼロ」の達人が教える、iPhoneがあなたの「秘書」となるタスク管理入門講座

(※)くわしくは画像↓をクリック

毎月の「継続型勉強会」会員募集中!

5/23(水) 19時〜21時

「残業ゼロの達人が教える、人生を楽しむ時間の作り方」

(※)くわしくはこちら↓

□□ □□

無料メルマガはじめました!登録は以下からどうぞ

□□通勤で学べる教材も提供してます!□□

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

1982年東京生まれ。

慶應義塾大学卒業後、内資トップの大手金融機関に勤務。長時間労働に悩んだことをきっかけに独学でタスク管理を習得、2016年には「残業ゼロ」の働き方を達成し、およそ7時間の自由時間の創出に成功する。

その体験を出版した「気持ちが楽になる働き方 33歳大企業サラリーマン、長時間労働をやめる。(金風舎)」はAmazon1位2部門を獲得。その後講演やセミナー活動を中心に個人事業主としても活動をスタート。2018年には順天堂大学で時間管理をテーマに講演を行うなど、月4時間だけ働くスタイルで個人事業で4年間で500万円の収入を得る。

あわせて読みたい

広告