「いい人」がやめられない病

コーチングを受けていて気がついたことなのですが、僕には強い「いい人ブロック」があります。

今の僕の会社の同僚が読んだら目が点になると思いますが‥、これは未だにあります。「いい人」でいたいという気持ちがとても強いのです。

もう、イヤになるくらい(笑)。

広告


たしかに、昔よりは「いい人でいなければいけない」という義務感みたいなものはなくなりました。それはそれで、よかったことです。

でも長年の習性はなかなか抜けないようで、何かあるたびに「人に迷惑をかけてはいけない」という気持ちが表出します。困ったものです。

いい人でいる必要なんてないんですよね。だって、いい人の基準も、自分の基準なんです。

いい人でいようとすること自体、極めて自己中心的な考え方であり、人は他人を傷つけずには生きられないのです。

と、僕は思います。

いい人でいようとすると、罪悪感は生まれます。しかし、以前記事にも書きましたが、罪悪感はもういらない。前進を止める単なるブレーキなのです。

罪悪感についてはこちらに書いてます。

それより自分らしく生きて、自分が輝くことで世の中に貢献する。そのほうが「いい人」でいるより、自分が生きる意味がよっぽどある。

最近はそう考えて意識的に「いい人」を脱出しようともがいています。「いい人」は、やめていいのです。

こうして「いい人」を連発してる時点で、ブロック強いですね。あらためて思いました(苦笑)。

いつか意識すらしなくなるくらい、自然に生きられるようになれたらいいなと思います。

今日はここまで。それでは、また!

(所要時間12分)

□□ □□

無料メルマガはじめました!登録は以下からどうぞ

新セミナー!3/16(金)「残業ゼロの仕事術」入門講座

4/18(水)「残業ゼロの仕事術」入門講座

    通勤で学べる教材も提供してます!

    投稿者プロフィール

    滝川 徹
    滝川 徹
    東証一部上場の金融機関で「残業ゼロ」を2016年4月から実践しています。セミナー講師。「シゴタノ!」主宰のワークショップの非常勤講師も務めています。
    詳しくはこちらをクリック